ヴァン・ヘルシング [DVD]

監督 : スティーヴン・ソマーズ 
出演 : ヒュー・ジャックマン  ケイト・ベッキンセイル  リチャード・ロクスバーグ  デヴィット・ウェンハム  シュラー・ヘンズリー 
  • ジェネオン・ユニバーサル (2012年4月13日発売)
2.83
  • (0)
  • (5)
  • (16)
  • (8)
  • (1)
  • 本棚登録 :73
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988102051365

感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • すっっっごくつまんなかった。ここまでつまんないなんて思わなかった。観ているのが苦痛になって最後まで見てないです。もう絶対観ない。

  •  記憶を失くしたモンスターハンター、一族のため独りドラキュラに立ち向かう美女、フランケンシュタイン……等々面白そうな要素満載で期待して観たのだけど、なんだか、編集しすぎて訳わからなくなった映画みたいな感じを受けてしまった。
     エピソードがツギハギで流れが悪いし、大袈裟な悪役の演技が上滑りしているように思う。
     観客の興味を最後まで牽引するはずのヴァン・ヘルシングの過去の記憶は、本人が放棄する始末。彼も普通の人間ではないはずなのだけど……アナもいきがってる割に弱く、言動に一貫性がないため魅力を感じない。
     むむむ……なんとももったいない。ヒュー・ジャックマンとケイト・ベッキンセールの見目麗しさだけが救いだったな〜。

  • 特に深い内容ではありませんが、好きです(笑)

    出だしの、B級感、アナ王女のコスチュームが可愛いし(≧▽≦)権威好きの教会、堕落気味の修道僧(決め台詞は、修道院に住んでいないから問題ない)思わせぶりなエロスと、伯爵達の芝居がかった設定。
    散らかり具合がとっても楽しいです!

  • 伝説のモンスターたちと壮絶な闘いを繰り広げるモンスター・ハンターの活躍を、最新のVFXでスペクタクルに描いたアクション・アドベンチャー。ドラキュラ伯爵の宿敵として知られたヴァン・ヘルシング教授が、若くてセクシーなニューヒーローとしてスクリーンに復活、ドラキュラ伯爵ばかりかフランケンシュタインやウルフマンらユニバーサルが誇る人気モンスターたちと激突する。監督は「ハムナプトラ」シリーズのスティーヴン・ソマーズ。主演は「X-メン」シリーズのヒュー・ジャックマン。共演に「アンダーワールド」のケイト・ベッキンセイル。 19世紀のヨーロッパ。バチカンの秘密組織から命を受け、世にはびこるモンスターたちを退治し、彼らを恐れさせる謎のモンスター・ハンター、ヴァン・ヘルシング。彼はある日、バチカンの密命を帯び、相棒で武器発明のエキスパートである修道僧カールとともに怪物伝説の土地トランシルバニアへ向かう。目的は、邪悪なパワーで世界征服を企むドラキュラ伯爵を抹殺すること。やがて彼らは、代々ドラキュラと闘い続けてきたヴァレリアス一族の末裔であるアナ王女と出会う。そして、共にドラキュラの陰謀阻止へ立ち上がるのだが…。

  • アクションものにもかかわらず、ややスピード感に欠ける感じが残念。

  • 設定は面白そうなのに、残念なことに何回観ても途中で飽きる。主役ヴァン・ヘルシングの強さがアピール不足なのと、ヒロインがちょいちょいうざったいのと、ヴァンパイアやモンスター独特の動きを意識したいのだろうがそれらがことごとく裏目に出ているのがやっぱり難点かも。展開もいらないシーンが多くてもったいない。
    ただ、ヒュー・ジャックマンはかっこいい。

  • やっぱダメだードラキュラとか。日本でいう忍者とか鬼とかの感覚なのかな?(笑)

全7件中 1 - 7件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする