プライドと偏見 [DVD]

監督 : ジョー・ライト 
出演 : キーラ・ナイトレイ  マシュー・マクファディン  ドナルド・サザーランド  ロザムンド・パイク  ジュディ・デンチ 
  • ジェネオン・ユニバーサル (2012年4月13日発売)
3.99
  • (61)
  • (73)
  • (35)
  • (8)
  • (4)
本棚登録 : 455
レビュー : 60
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988102051471

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 今回の課題本の下敷きとして、ビジュアルイメージをつかむために観賞。

    原作を忠実になぞっての映画化なのだが、2時間におさめるためか、オースティンがじれったいほどにページ数を割いて描写しているシーンの数々が、わりあいあっさりと処理されているように思う。原作では書簡が大きな役目を果たす場面がいくつかあるが、シャーロット嬢がコリンズ牧師との結婚を決意するくだりや、ダーシー氏がエリザベス宛に書いた、便せん2枚の裏表にびっちり書かれた書簡を読む場面などは、体感的には2分もかかっていない。どちらも、手紙の文言をたどることで、エリザベスと差出人の距離が感じられるつくりなので、そこはちょっと物足りなかったかもしれない。でも、ダーシーさんの手紙は、河出文庫版では10ページにも及ぶから(どんだけ大きな便せんなんだ?と思うんだけど、映画では普通サイズだった)、それを忠実に追うと、尺の関係で大変だとは思う。だからそこはしょうがないかも。

    衣装や照明をふくめた時代考証は正確で、文章で読むよりも、ベネット家の貧しさ(都市生活者をのぞけば中の下くらい?)やダーシーさん周辺の素封家ぶりがより鮮明にイメージできたと思う。

    最後に大盛り上がりする、ド・バーグ夫人がベネット家へ夜更けに乗り込んでくる場面が、演ずるジュディ・デンチの独壇場でそら恐ろしい。夫人退場後の翌朝に出会う、エリザベスとダーシーの疲れっぷりから見るに、この話は、2人のツンデレ男女の相思相愛物語というのではなくて、この夜襲を別々に受けたふたりの、「あなたのところへも行きましたか」的なうんざり感が満載された、反ド・バーグ夫人同盟の同志愛からくる恋愛物語に見えてしかたがなかった。いやほんとに。

    • niwatokoさん
      >「あなたのところへも行きましたか」的なうんざり感が満載された

      あはは、すごくおもしろい(笑)! この映画、好きでDVDも持っているん...
      >「あなたのところへも行きましたか」的なうんざり感が満載された

      あはは、すごくおもしろい(笑)! この映画、好きでDVDも持っているんですが、ここらへんよく覚えていません。そんな感じでしたっけねー。もう一度見返したくなりました。
      手紙のあたりもあんまり気にしてなかったのでこちらもよく見てみたいです。
      2014/04/24
    • Pipo@ひねもす縁側さん
      最後のこのあたりの場面って、たしか原作では、ド・バーグ夫人がエリザベスに「甥と一緒になるなんて、わたくしは認めませんよ!」と延々まくしたてる...
      最後のこのあたりの場面って、たしか原作では、ド・バーグ夫人がエリザベスに「甥と一緒になるなんて、わたくしは認めませんよ!」と延々まくしたてるんだったと思うんですが、そのあたりをはしょっているからか、なんだか、夫人が夜更けにガッと乗り込んできて、エリザベスにひとこと言い捨てて、風のように去っていくように見えました(笑)。ダーシーさんのところでも、同じ場面が繰り返されたんだろうなって…勝手な想像ですけど。

      ジェーンもエリザベスも美しく、演出も撮影もていねいで素敵な作品で、私も好きな作品ですが、私の周りではBBC版(コリン・ファースがダーシー氏役)を見ているかたが予想以上に多くて、映像から得る情報的なものやらなんやらで、なんだか負けてしまいました(笑)。
      2014/04/24
  • 冒頭からもうツボ。音楽、キーラ・ナイトレイの口に手をやる仕草。色合い。
    全ての要素が綺麗にまとまっている。綺麗にまとまってる故に退屈に感じる人も多そう。


    そしてナイトレイの鼻にシワを寄せる笑い方がとてもキュート。

    原作で私が元祖ツンデレロマンス小説(資料的根拠なし)と呼んでいるジェーン・オースティンの『高慢と偏見』が好きということを抜きにしても、「あれをイギリスの表象だと思うな。社会のほんの一部でしかない」みたいなカルスタ的な批判を理解していてもこの映画は好き。完全に個人的趣向ですが。

    (つぶやき)
    でもやはりジェーン・オースティンが200年前にこれを書いたのは凄いと思う。
    当時の価値観、人の感情を非常に客観的に洞察しながら、しかしそこから生まれゆく新しい価値観のスパイスも加える。最近になってもっとオースティンの研究論文を読んどけば良かったと後悔している。

    (さらにつぶやき)
    ちなみに初めてこの映画を観たのは高校生の時で、それはもう脳内がお花畑になってしまって、これのせいでまともな女子高校生としての生活を棒に振った気がする。

  • ▽プライドと偏見/Pride & Prejudice(2005)
    あなたの手がわたしの頬にふれる、とても不器用でそれでいて、純粋なあなたの心。朝もやが立ち込める草原のなかに光が満ちていく。18世紀末のイギリスの田舎の風景、音楽、衣装がとても綺麗。淡々とした静かな映画だけれどもとても上品で美しい。

  • 題名通り、プライドと偏見がテーマの物語でした。
    娘を裕福な家に嫁がせることに全てをかける母親と常識のない妹達。
    主人公は当時では良いとされなかった自分の意志をはっきりと口にするタイプ。姉の結婚や妹の駆け落ち等周りに振り回せれながら、自分自身の本当の愛に目覚めていく。
    父親がいい味を出していて、最後の結婚を認めてもらいにいく所では、深い愛を感じました。

  • 原作読んだことないんだけれど、とっても有名な名作だし期待し過ぎちゃったかな…
    それとも原作はもっと素晴らしいのかしら?
    映画は結構イマイチ感があるなぁ。

  • 酷い。原作と全く別物だ。全く別の作品として見たとしても面白くない、不快だ。
    お気に入りの大根役者を主役に置き、原作の設定を捻じ曲げ、私物化して、陳腐なラブストーリーを描く Joe Wright 監督を私はとても容認できない。US版エンディングなんてとんでもない。
    「First Impression」を意識し過ぎて、最も初歩的で根本的なミス――エリザベスの「偏見」を忘れている。それだけではない。エリザベスは何故か終始ニタニタ笑っている(それも下手で不快な演技で)。こんなエリザベスだったらダーシーは疎か、誰も彼女を知的だとは思わないだろう。誰がこれに合格印を押したのか――使用人を抱えるジェントリー階級のベネット家はまるで貧しい家のようだし、エリザベスは知性も品もない、ビングリーはヘラヘラしていてとても紳士には見えない。これが原作通りだと思ってしまっては困る。

  • 時間があれば

  • 騙されたと思ってみたら滾った

  • 言葉も絵も美しい。
    人を愛することは美しい。

全60件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

プライドと偏見 [DVD]に関連するまとめ

外部サイトの商品情報・レビュー

プライドと偏見 [DVD]を本棚に登録しているひと

ツイートする