ブラック・スワン [Blu-ray]

監督 : ダーレン・アロノフスキー 
出演 : ナタリー・ポートマン  ヴァンサン・カッセル  ミラ・クニス  バーバラ・ハーシー  ウィノナ・ライダー 
  • 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2012年3月16日発売)
3.65
  • (17)
  • (36)
  • (30)
  • (10)
  • (0)
本棚登録 : 178
レビュー : 30
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988142874221

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ナタリー・ポートマンがすごい。終盤は演技につられて息苦しくなるほど。いやぁこわかった、きれいだった。受賞も納得。

  • Blu-rayあんまり綺麗じゃなかったなぁ。

    おかしい。わたしはこういうテーマが好きな筈なのに、なんだか物足りないし、オチがそのまんますぎて裏切られた感じも全くない。
    黒鳥の舞台も中々すごいCGだったけれど、メンヘラ女の不安定な心理を映像化しているだけで私には特に何の発見もなかった。

    誰かの期待に応えるためにバレエをやって、いざ主役獲ったら不安感で自我崩壊みたいな感じ。

    不安定な人の心理を映像で見てもつまらないものだと思った。内容が無さすぎて観たのは時間の無駄だったとさえ思える。

    でもこういう映像だけの作品があっても良いとは思うし、フィギュアスケーターの美しい演技を生み出すためにも必要な作品だったのかなぁ。

  • 「ちょっときもい部分もあるけど・・・でも見てみてほしい!」って家族に言われた意味がわかった。
    確かに、よくできてる!!
    完成度高い!楽しかった!
    そしてエロい!w
    女性同士の描写とかもすごいわ~!(不思議と抵抗なかった)
    んでもやっぱり、きもい部分は苦手^^;

    この作品は人様に勧めたい作品だわ~!

  • 素敵なバレエ映画?
    いいえ、サイコスリラーです。

    冒頭から、ホラーの空気が漂っています。
    なんどもなんども映る鏡や、ばんばん揺れる手持ちカメラ。
    ものすごく、怖い。
    ちょっとしたシーンで、ひゃっ、ってなります。

    ぬいぐるみに囲まれたファンシーな部屋、過保護な母親、時折見せる幻覚。
    あかん、そのままやと、あかん。という気持ちで映画が進んでいきます。

    やっぱり、バレエと少女と脱皮って、相性がいいのかな。
    細い線と狂気は、よく似合う。
    どんどん狂っていく様子と、幻覚を描写する演出が素晴らしい。
    なんども繰り返しますが、ポイントは、鏡。


    狂気を描く上で、性描写は欠かせません。

    Natalie Portman と Mila Kunis のレズシーンもぞくぞくしますが、なによりも、最大のみどころは、Natalie Portman のひとりエッチ。
    ほんとうにエロい。腰やお尻のラインがものすごくキレイ。
    でも、その直後のシーンが恐ろしすぎて、もう、ほんとうに恐ろしくて。
    あれはあかん。心臓に悪すぎる。

    たくさんのホラー演出中でも、ダントツに恐ろしいシーンでした。

  • 精神崩壊を描いた恐ろしい作品だった。
    人間の精神が壊れていくさまをまざまざと見せつけられ、ただただ恐怖だった。
    追い詰められた人間の観る世界はこうも凄まじいのか。

  • ナタリー・ポートマンが美しかった。

    最初の自信なさげで怯えている様子から、主役に抜擢され心身共に病んでいきながらもクライマックスの黒鳥を見事に踊りきる様は圧巻。

    最後のほうでしか力を発揮しないので物足りなかったかな。
    (130506)

  • スリラー映画だったのかということに途中で気づく。全然知らないで観たてたら途中からすごく怖くなってきたんでどうなることかと思ったけど、結局最後までというかむしろフィナーレに向かって階段を踏み外しながら上がっていく様が破滅的で素敵な映画だった。非常に今敏な感じでこんなの世界でも受け入れられるんだなあと感心したが何もおかしいところはない。

  • 良い作品だということで 観たが、全然 だった。
    どこが 良いのか わからなかった。

  • レンタル
    ★4.5
    狂気

  • ナタリーポートマン素晴らしい。
    神経質な少女の演技、正直見直した。説得力ある。ストーリーが進むにつれて、病的になってゆく様は観ていて怖かった。

    映像も穏やかじゃない。
    現実と幻覚がひとつながりになっていて、観客を神経症の目線に導く。

    ナタリーポートマンの演技は一見の価値ありやし、見応えもあって面白かったけど、不気味で後味も悪いので、笑 要注意です。

全30件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
村上 春樹
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする