(500)日のサマー [DVD]

監督 : マーク・ウェブ 
出演 : ジョセフ・ゴードン=レヴィット  ズーイー・デシャネル  ジェフリー・エアンド  マシュー・グレイ・ガブラー 
  • 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2012年3月16日発売)
3.89
  • (69)
  • (69)
  • (58)
  • (16)
  • (1)
本棚登録 : 437
レビュー : 69
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988142874825

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ズーイー・デシャネルがとにかくかわいい!そしてありきたりな恋愛映画だと思っていたらすっかりだまされた!
    「運命」ってこんな意味なんだなあとある意味かなり現実的なフランス風アメリカ映画。

  • ほんわかした恋愛ものがみたかったんだ!!!わたしは!!!!!

    期待とは違ったけどなんか面白かったかな。うーん…もうちょっと大人になってから改めてみたらもっと楽しめそうな感じ。
    アメリカの雰囲気が感じられたのはよかった。

    アメリカ映画って爆発したりありえないものが普通にでてきたりする、っていうのしかみたことなくて。こんな日常ものつくれるんだ!ってびっくりした。ちょっとフランス映画っぽいの。
    ヒロインかわいかったなー。前髪はじょせいを、おんなのこにする

  • ハッピーエンドではないけれど、
    観終わった後、なんだか不思議と温かい気持ちになる◎

    500日の間を行き来する構成で、
    ずっと目が離せない。
    どうなっちゃうの??
    そんな事思いながら激しく感情移入しちゃいました。

    主人公が舞い上がってダンスというかミュージカルになる場面は、
    この映画もモテキも大好きだな♪

    最後に2人の価値観を、お互いが正しかったと言い合うのが好き。
    たとえ運命じゃなかったとしても。
    それは自分を見つめ直し、お互いを認め合ったという事だから。

    そして、終わり方がたまらないんだ◎

  • こんなおしゃれ映画好きになるなんて、リア充のすることだ…!と中二病(もしくは大二病?)全開にしつつも、まんまとハマってしまった。
    主演俳優はまるでアメリカの加瀬亮!惚れてしまう。
    ある男の痛々しい失恋の物語を覗き見するうちに、気付いたら自分までサマーに恋してて、トムと一緒に喜んだり、落ち込んだり、立ち直ったりしてしまう。

    そしてズーイ・デシャネルの可愛いことよ。青が基調のそのファッションは思わず真似したくなる。

  • 何気に最後まで観てしまった。
    素敵な作品だと思った。

  • 奇跡などない。あるのは偶然。

    何もしなければ何者にもなれない

  • サマーが小悪魔過ぎる。。。
    でもかわいい。。。

  • 主人公にとっては必然の出会いでも、周りの人にとってはどうでも良い一コマにすぎない、そんなことをちょっと現実的な感じでとらえるお話でした。女性がチャーミングで可愛い。
    そしてフラれた後の終わり方も良い。

  • 離婚後ズーイー・デシャネルの銀幕への出演が止まった。テレビドラマへの出演が2本と寂しい限りである。僕が始めた見たのはイエスマンでしたけど、どことなくメグ・ライアンの影を感じ、新たなラブコメの女王誕生かと思ったが、これだけ休止してると旬は過ぎるなぁ~

    「500日のサマー」
    https://www.youtube.com/watch?v=73MCarRn-4w

    トムはどこまで落ちていくんだろう…そしてどこまで落とされるんだろうか……あっ~気持ちが分かってしまう自分が嫌だ~www運命の出会いなんてね~ラブストーリー路線のいちばんな重要事項を思い切り拒絶するこの作品にある意味共感。というよりもトムがかわいそうだ~!

    恋愛は一度覚めたらひたすら坂道を転がり続けるような気がする。だからトムみたいな思い込みが必要な気もするんですよね。でも早い展開でのエンディングですけどこんなに早く覚めるものかなぁ~と思ってしまう。

    トムを慰めるぽっちゃりした女の子が誰かわかりますか?12歳のクロエ・グレース・モレッツがトムを応援しています

  • 夏から秋に。恋愛映画はしゃらくせぇ!っつってほぼ途中で寝ちゃうのですが、初めて全編見れました。

全69件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

(500)日のサマー [DVD]を本棚に登録しているひと

ツイートする