仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&OOO(オーズ) MOVIE大戦 MEGA MAX コレクターズパック【DVD】

監督 : 坂本浩一 
出演 : 福士蒼汰  渡部秀  桐山漣  菅田将暉 
  • TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D) (2012年5月21日発売)
3.75
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :13
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988101162673

仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&OOO(オーズ) MOVIE大戦 MEGA MAX コレクターズパック【DVD】の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 仮面ライダー生誕40周年記念作品
    従来の三部構成ではなく、「序章(7人のライダー編)→オーズ編→ブリッジ(W編)→フォーゼ編→MOVIE大戦」と豪華な五部構成になっている。
    オーズ編では、40年後の未来からやってきた、未来のコアメダルを使用して変身した悪の仮面ライダー“仮面ライダーポセイドン”が現代に現れる「戦い」の欲望に突き動かされるポセイドンはこの時代の仮面ライダーオーズ、バース、プロトバースとの交戦を望み暴れ回り、それぞれのライダーが鴻上ファウンデーションにより呼び出される。2体のバースは戦闘不能になるまで追い込まれるが、そこに消滅したはずのアンクが現れ、再び映司はオーズとして戦うこととなる。
    フォーゼ編では、弦太朗たちの在校する天ノ川学園高等学校は文化祭を迎えていた。仮面ライダー部の面々も伝説の7人ライダーに関する調査結果を発表し、学園祭を楽しんでいた。
    そんなとき空から突如昴星高校の制服を着た謎の美少女・美咲撫子が降ってくる。彼女に一目惚れする弦太朗。そして撫子から事情を聞こうとするが、彼女を狙ってホロスコープ配下のダスタードが多数襲来する。撫子はフォーゼとともに戦うために“仮面ライダーなでしこ”へと変身する。


    とにかく、なでしこの印象の強さと可愛さが凄い。好き。
    見る前はオーズ編楽しみとか思っていたけど、切ない淡い恋だなぁと感じられたフォーゼ編もとても面白かった。
    女性ライダーなのに可愛らしくて好き。ストーリーは思わずうるっときてしまった。弦ちゃんかわいい、というかフォーゼは全体的にみずみずしくて青春だなぁと思った。そこがフォーゼの長所なんですけどね!
    あと何といっても五部構成でてんこ盛り!!まさかダブル編まであるとは思わなかった。ファンにとっては嬉しいだろう。
    あと、ダブル先輩とオーズとフォーゼ後輩(ライダーたち)の絡みが最高!!作品を超えた掛け合いは見どころ。
    思わず、クスッと笑った。漣くんと菅田くんの友情出演は胸がアツくなった。というか私個人的にダブルが好きなので。

  • こないだ劇場でヒーロー大戦見たばっかですが
    こちらの方が面白かったですねぇ。
    あっちは「ヒーロー無双」見れてワー楽しい、くらいなもんでしたが
    こっちはお話が結構しっかりしてる。

    つか、基本はディケイドの後の平成新世代?3作のクロスなんですな。
    そういえばこの3作って世界観つながってんだな。
    財団Xが暗躍する世界っつーことで。

    そんで、フォーゼでは各地で活躍するライダーのニュースがアングラで流れてて、
    昭和の7人ライダーが登場してもおかしくないと。
    なんだ、ディケイドいなくてもクロスできんじゃんw

    また、見る前は、「オーズ編」「フォーゼ編」「大戦編」っていう
    また例のフォーマットだと思ってたんですよね。
    これ、前のライダーの話がクライマックスで途切れて次のライダー話が始まり、
    最後無理やり共闘するっぽい感じがあまりスマートじゃねぇな、と思ってたんですが、
    今回は何と5編に分かれているという。

    でも、それらがほとんど時系列的に直列なんで、違和感なかったですね。

    【第1章】
    宇宙から打数落ちてきた隕石を巡って
    栄光の7人ライダーが世界各地で悪(財団X)と戦ってると。
    元は昭和設定なんだろうけど、ライダー・スピリッツみたいでうれしい。
    CG処理されたロープアームがイカスぜ。

    ま、「世界各地」が全部「いつものロケ地」なのはご愛嬌なわけですが。

    【第2章】
    オーズのTV最終回後。きっちり話がつながっててうれしい。

     エイジ:いつかアンクを元通りに、と世界各地でメダルの調査。
     鴻上会長:性懲りもなく、メダル開発続行中。
     後藤さん:警視庁に復帰。
     伊達さん:医師として世界を飛び回る。

    鴻上会長が未来で作ったコアメダルを使った仮面ライダーポセイドンが
    現代にやってきて暴れるのと戦う、と。

    ポセイドンの憑代になった仮面ライダーアクアは、なんかデザイン微妙、
    と思っていたけど、ヘタレライダーだったのでちょうどいい感じ。
    ま、そんなアクアもヒーローとして覚醒してポセイドンと戦うわけですが、
    このポセイドンを構成する多量のメダルが、
    最終回でブラックホールに飲み込ませたメダルだったり、
    アンク帰還の理由もしっかり、わかりやすいところが素晴らしいよね。

    アンクちゃんとはまた未来で会えるよね、でしんみり。

    【第3章】
    尺は短いけどW編。水銀みたいな物体「ソル」を運ぶ財団Xと
    仮面ライダージョーカーの戦い。

    一方7人ライダーは罠にはまるのでしたw

    【第4章】
    フォーゼ編。天高学園祭の最中。
    まだ園ちゃんは健在、流星は参加前というタイミングですな。

    「親方!空から女の子が!」

    みたいな感じで現れたナデシコちゃんとゲンちゃんのラブラブ話。
    「ゲンちゃんが恋愛物?」と、思っていたんだが
    ナデシコがああいう子だったので、
    まわりの女性陣が応援してるのも含め、すんなりと受け入れられましたね。

    ライダーごっこをやらないJKにはイラっとしましたが
    玄太郎が泣くための時間を稼ぐために体を張るシーンは
    (他のライダー部のみんなもだけど)恰好よかったぜ。

    青春の甘酸っぱさ、切なさがある、
    フォーゼっぽい、いいエピソードでした。

    【第5章】
    フォーゼ、オーズ、Wがそろって財団Xとの対決。
    両者と面識のあるオーズが間を取り持つが、
    翔太郎と玄太郎の波長が妙にあって笑うw

    つか、3章で出てこなかったので、フィリップは不参加?
    と思ったらここでしっかりWになってくれてうれしかった。
    あれはジョーカーを出したかっただけなんだな。
    最後はエクストリームにもなるし、サービス精神旺盛だわ。

    何故かメダルとスイッチで復活した昭和ライダーも
    それぞれの必殺技を披露してくれたし、アクアも再参戦。

    スーパータトバはそれほど印象に残んなかったけどね。



    てな感じで、各章舐めちゃうほど満足したわけですが、
    他に特筆すべきはアクションだね。
    里中君や変身前アクションもかなりの盛りだくさんで。

    ライダーのアクションもワイヤー多用で頑張ってたな。
    ライダー1号、2号の技と力の動きなんかも、「FIRST/NEXT」を彷彿とさせる感じで。

    と、思ったらアクセル/エターナルの監督か。納得。


    一点、プロトバースは破棄、バースは使えるけど
    伊達・後藤が重傷、ってのは何だったんだ?
    (「寝て治す!」は笑ったけど)

    里中君バースフラグだと思ってwktkしてたのに・・・。

全1件中 1 - 1件を表示

仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&OOO(オーズ) MOVIE大戦 MEGA MAX コレクターズパック【DVD】はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&OOO(オーズ) MOVIE大戦 MEGA MAX コレクターズパック【DVD】を本棚に登録しているひと

ツイートする