私だけのハッピー・エンディング [Blu-ray]

監督 : ニコール・カッセル 
出演 : ケイト・ハドソン 
  • ポニーキャニオン (2012年6月5日発売)
3.08
  • (1)
  • (3)
  • (4)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 29
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988013097667

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 恐れてはいけない、向き合うこと

    残される人、物、の気持ちを大切にすること。

  • 余命ものの中ではとても明るいけどリアル。

    アメリカの人が好きそうなポジティブ過ぎる設定に日本人は少々違和感を感じてしまうけど、実際死を目の前にしたら女は特にこんな感じなんだろうな。

    でもケイトハドソン演じるマーリーの笑顔の演技は素晴らしく、死を明るく向き合おうとしながらも、死に対する苛立ちから人に当たってしまう弱さがとてもリアル。
    2人目を妊娠して幸せに向かう親友のレネがマーリーに上手く向き合えなく距離を置いてしまう事も。
    冷淡だったはずのパパが何かを取り戻すように不器用ながらマーリーと仲良くしようとする姿も。
    過剰にまでに娘の側にいたがるママの姿も。

    死が怖いのは死を迎える本人だけでなく周りも同じ。
    怖さを隠すみんなの弱さを自分で決めたハッピーエンディングで幕を閉じようとするマーリーの強さ、見習いたい。

  • 予想通りの内容。ケイト・ハドソンが好きなので観たけど、病人役のせいかすごい老けた感じがした。もうラブコメは無理なような。。

  • 主人公の余命が僅かというシチュエーションながら、暗くなりすぎずポジティブでいい意味で軽いタッチの作品。ジュリエットへの手紙では影の薄かったGael García Bernalもいい味を出しているし、主人公の母親を演じた Kathy Bates 、神様役の Whoopi Goldberg といった実力派を配したキャスティングも魅力的。

全5件中 1 - 5件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする