道をひらく [Kindle]

著者 : 松下幸之助
  • PHP研究所 (1968年4月30日発売)
3.81
  • (6)
  • (15)
  • (8)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :141
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (271ページ)

道をひらくの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • kindleサンプル版を読んですぐ読みたくなったほど、心に響くものがあった。
    50年近くも前に出版されていた本・・・もっと早くに読んでいたらと思う。中学生以上全ての大人の方へオススメ。
    謙虚な気持ちで全ての人々が共存できる日本を、いつも前向きに。
    成功する人はこうでなければいけないと、今更ながら今までの自分を深く反省し、後悔のない人生を過ごしたいと実感した。

  • さすが幸之助さん。
    一つ一つに説得力があり、人生を歩むことに勇気付けられる内容です。
    私の思考と一致していているところも、なかなか説明しづらいことを分かりやすく解いてくれていました。
    仕事は、自分がやっているのではなくて、世の中にやらせてもらっている、自分に任せて貰っている世の中の仕事だということ。
    まさに仕事は、謙虚・誠実・熱心に取り込みことです。
    平坦な日々から、自分を改めて一歩進もうと思わせてくれる良書です。

  • 480万部のベストセラー1968年の第1版から2013年214版を重ねている。
    平成25年の振返りと平成26年の新たな想いもこめて読書した。
    今朝礼で読書している「365日」より各内容は倍近いメッセージが込められており、内容をより伝わってくる感じでした。 著書内容は各単元にまとめられています。

    ①運命を切り開くために
    ②日々を新鮮な心で迎えるために
    ③ともによりよく生きるために
    ④みずから決断を下すときに
    ⑤困難にぶつかったときに
    ⑥自信を失ったときに
    ⑦仕事をより向上させるために
    ⑧事業をよりよく伸ばすために
    ⑨自主独立の信念をもつために
    ⑩生きがいある人生のために
    ⑪国の道をひらくために

    はじめから読んでもいいと思いますが、ちょっとマイナス思考になりそうなときは、⑤と⑥はお勧めですよ、苦労人の松下社長が心配のない人生は逆に成果に結びつかない無為な人生を過ごすというとおっしゃっていますので間違いないと思います。

    PS:年末「連合艦隊」という日本を映画をみましたが、結構なけました(^_^;)、人のために尽くすっていう心の美しさがとても伝わってきました。そのようなメッセージも多分にこの本には込められています。

  • 「いささかの賢さを誇り、些少の愚かさを卑下してみても何ほどのことがあろうか。…賢さの中にも愚かさがあり、愚かさの中にも賢さがひそんでいる。」など印象に残る人生訓をいろいろ読めます。

  • 奇をてらったことは書いていない。当たり前のことを当たり前にやる大切さを忘れないようにしたい。

全5件中 1 - 5件を表示

道をひらくのその他の作品

道をひらく 単行本(ソフトカバー) 道をひらく 松下幸之助
道をひらく 文庫 道をひらく 松下幸之助

松下幸之助の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊賀 泰代
稲盛 和夫
ジェームズ・アレ...
伊賀 泰代
デール カーネギ...
ウォルター・アイ...
岸見 一郎
ウォルター・アイ...
有効な右矢印 無効な右矢印

道をひらくはこんな電子書籍です

外部サイトの商品情報・レビュー

道をひらくを本棚に登録しているひと

ツイートする