哀しき獣 ディレクターズ・エディション [DVD]

監督 : ナ・ホンジン 
出演 : ハ・ジョンウ  キム・ユンソク  チョ・ソンハ 
  • Happinet(SB)(D) (2012年6月2日発売)
3.77
  • (22)
  • (48)
  • (30)
  • (7)
  • (1)
本棚登録 : 197
レビュー : 50
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4907953031609

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • チェイサーが面白かったから、これも良かった
    ガツガツ食べる男
    斧が似合う男
    追われる男
    追う男

  • ミョン社長こわかっこいい
    エンドロールの曲が好き

  • 2015/12/30 ハ.ジョンウに最近ハマってて また、観てしまった。原題名は「黄海」なんだね。
    今回の ハ.ジョンウは素人みたいな人から始まり殺人依頼を受けて いきなりアクション炸裂なのは不思議だけど…。この映画の内容はあまりなくて 不倫関係の間で こんな残酷な殺し合いに発展するとは?韓国の娯楽アクションとしては カーチェイスあり やり過ぎ感あるけど、面白かったけど…意味不明な点も多かったけど…ラスト やはり不思議 ハ.ジョンウはいけてました。ミョン役の俳優さんは いつも残酷過ぎて 鬼畜にしか見えない。

  • 話の筋が明らかに粗いという意味では難ありだけど、んなもん関係ねえ!とばかりに登場人物の魅力的な武骨感、アクションシーンの迫力、煽られる緊迫感でガツンと持っていかれる。

    『チェイサー』の時と同じく、今回も警察は驚くべき無能っぷり。笑
    食事シーンが凄くいい。あの茹でたジャガイモそのまま食べるとことかね、菅野美穂のCMを思い出して主人公にキューピーマヨネーズ渡してあげたくなる。

  • セリフ少なくても引き込まれる主人公、いいなぁ。

    序盤はダメ男の強調されてたが、
    後半、なぜか強すぎる。
    依頼の男もいくら刺されようが立ち上がるからびっくり。
    この俳優は不死身の役が多い気がする。

    それでも包丁メインの殺し合いがハードで、実は妻が生き残ってたのはそれで哀しさ増すラスト、邦題ぴったり。
    おもしろい。

  • ハ・ジョンウ キム・ユンソク チョ・ソンハ
    2010年

  • 面白いような面白くないような・・・。教授の奥さんとグナムの奥さんの区別が最後までつかなかったうえに他の人の名前も覚えきれないままだったたのでストーリーが把握できなかった。感想を読んでやっとストーリーが分かった。映画が悪いのか頭が悪いのか。奥さんは結局死んでなかったの?だとしたらあの骨は誰なの。ミョン社長が骨と包丁で殺しまくるのはすごかった。韓国映画は全然銃が出てこないね。

  • いっきに観た~。中国というか韓国というかあのアジア的な空気感は日本と本当に違う。そういう意味で非日常と暴力の応酬の怖いもの見たさは十分満足させられる作品。銃よりも斧や牛骨が武器でそれも笑えます。

  • 2013/11/15

  •  朝鮮族(中国にいる朝鮮人)のグナムは韓国に出稼ぎに行った妻に逃げられ、その時の借金だけが残った。追い詰められたグナムは韓国での殺しを請負い、妻を探しながら暗殺をしようとするが。。。

     主人公グナムは無口で豪快に飯を食う(飯を食うシーンがやたら多い)。中盤にかけてはひたすら必死に逃げ、手斧をメチャクチャに振り回す。この徹底したバイオレンスと無情な雰囲気がこの映画の大きな肝。ストーリーがどうこうというより、この雰囲気に惹きつけられる。

     骨太な一本。

全50件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする