SUPER 8/スーパーエイト [DVD]

監督 : J.J.エイブラムス 
出演 : ジョエル・コートニー  エル・ファニング  カイル・チャンドラー  ロン・エルダード  ノア・エメリッヒ 
  • パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
3.13
  • (9)
  • (40)
  • (72)
  • (26)
  • (6)
本棚登録 : 347
レビュー : 47
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988113762588

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 監督・脚本はJ・J・エイブラムスだが、制作にスピルバーグが入ってるんだな。
    まるで「未知との遭遇」「E.T.」の兄弟作みたいな映画でした。
    「グーニーズ」っぽくもあったかな。

    映画好きの少年たちと、その撮影に付き合う大人びた少女。
    主人公は監督ではなく、メイク&セット係だけど、
    気弱で繊細な印象は、スピルバーグの子供の頃はこんなだったのかな、と思ったり。

    子供のような父親が家族を捨てて宇宙に行っちゃう「未知との遭遇」、
    ETとの別れと共に両親の離婚の事実を受け入れた「E.T.」。

    本作では、少年が母の死を乗り越え、父親との絆を再確認する、という。

    同じ宇宙人との遭遇物でも、結局はそれを通して
    家族を描いている、ってのが面白いですね。

    「未知との遭遇」は大人になりきれなかった時代のスピルバーグが投影されており、
    「E.T.」は両親の離婚がトラウマになった彼の子供時代を象徴している、なんてのを
    何かの本で読んだ気がしましたが、本作のはエイブラムスの家族観なのかな。

    さらに、どちらかと言うと、家族より友人や女の子といった、
    自分と同世代の人間たちとの関係に重きが置かれていたような気がしましたね。
    そういった意味で「グーニーズ」っぽいというか。
    地味なシーンも多いんだけど、彼らのやり取りのお蔭で
    グイグイ話に引き込まれてく感じ。

    また、事件のきっかけとなった脱線事故はすごい迫力でした。
    アレで死なない先生、頑丈過ぎ・・・。

  • なんやそれって感じ。

  • 冒頭の駅のシーンが大好きです。セリフもナレーションもないのに全部の説明をしてくれる無口な映像演出にしびれたぜ!これぞ映画だと思わせてくれる。主人公と友達のデブが女優を取り合う関係性がまたなんとも言えず甘酸っぱい。別にムリヤリ宇宙人を出さなくてもいいんだけど、そこはほら、映画だから。

  • 青春ストーリーとSFの組み合わせ。よくできている。

  • オタク万歳‼

  • さすが、金かけて映画としてしっかり作られてる

  • エル・ファニングが可愛かった。

  • パニックSF映画なんだが、どこか牧歌的で、どこか「スタンド・バイ・ミー」の薫りを漂わせる。何とも心が温まる青春物語。

  • ★★★liked it
    『SUPER 8/スーパーエイト』 J・J・エイブラムス監督
    Super 8

    観終わって・・・モヤモヤ
    町山さんのJ・J・エイブラムスに聞いた
    エイリアンは何の象徴なのか?
    を聴いて続けて再視聴しました。
    初見はストーリーの大事なところが埋もれて、ぼやけてるかな?
    2度目はラストシーンが心に響きました
    エイリアン&ペンダント

    家族の愛、ジョーの成長&スピルバーグ
    いい映画だと思う、町山さんの話を聞いてよかった

    町山智浩の映画塾!
    <予習編>https://youtu.be/HEVZyhkZc4E
    <復習編>https://youtu.be/omQFST6RPvY

  • エル・ファニングが可愛い!!

    内容は子供向けのエイリアン映画。自分の星に帰りたいエイリアンを人間が拘束していたんだけど、輸送中に反対する元科学者の起こした列車事故の際に脱出。街中の機械を集めてUFOを作って最後は帰っていくストーリー。

    ゾンビ映画を作成している男の子たちと女優役のエル・ファニングが列車事故に巻き込まれる映像がすごい。母の葬式に友情に恋に、冒険とエイリアン。

    始まりはかなりワクワクしたけど、後半はペースダウン。でも楽しめた。父親役のカイル・チャンドラーの足が長い。スタイルの良い警察官がやけに記憶に残った。

全47件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする