SHERLOCK / シャーロック [Blu-ray]

出演 : ベネディクト・カンバーバッチ  マーティン・フリーマン  ルパート・グレイヴス  ウーナ・スタッブズ 
  • 角川書店
4.68
  • (73)
  • (24)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 254
レビュー : 30
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988111142092

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 現代版シャーロック・ホームズ!発想が素晴らしい。制作者たちは、いずれ誰かがやるに違いない、だったら自分たちでやらねば!な意気で作ったらしいけれど、これは他の追随を許さない出来かも。
    シャーロックとジョンの配役もこれ以外の組み合わせを考えられない。カンバーバッチは少し癖のある美形だけれど、おそらく、シャーロックはこういう感じの人だったに違いないと思わせる。ジョンもまた。
    散りばめられた小ネタなどに、制作者たちの愛を感じる。

  • シャーロックが良い感じに変人で、ワトソンくんはなんやかんやシャーロックのこと大好きで、結局2人で一緒に物語を解決するのがとてもよいです。現代版アレンジですが、とても面白いです。

  • ホームズの頭の中(地図とか暗号とか)が浮かび上がってくる映像が好き。

    ・ピンク色の研究
    ・死を呼ぶ暗号
    ・大いなるゲーム

  • 現代版シャーロックホームズ。
    シャーロックが観察によって読み取ったことを、映像に文字を浮かべて表示する演出が面白かった。

    シーズン3まで視聴

  • シャーロックホームズの新しい話かなぁ
    時間的にこれ海外ドラマの枠なん?
    何で3話?と別のところで謎だらけな作品なんですが、中身は面白い!
    唯我独尊のシャーロックとなんだかんだ言いなりになっちゃうワトソンと、最恐の雰囲気ありまくりなモリアーティ。
    イギリスの雰囲気もいい感じで、何か自由でもはや羨ましい。結局ワトソン仕事してるの?大丈夫?笑
    あんな一瞬みただけで、観察眼であそこまで分かるとかそりゃ怖いわ。

  • 天才。素晴らしい

  • 映像も音楽も配役も内容も台詞も何もかもかツボる

  • [鑑賞方法:NHK-BSにて2011年8月22日、23日、24日/購入Blu-rayにて2012年11月]

  • イギリス製のTVドラマ。
    全3話と短めですが、1話90分。
    45分でいいから全6話にしてほしかったかも…。

    舞台がイギリス・ロンドンとあり、服装や音楽が洒落た雰囲気です。
    コンサルタント探偵のシャーロック・ホームズと元軍医のジョン・ワトソンが難解な事件を解決していくお話です。
    とにかくシャーロックの洞察力が凄まじい!
    嫌われるのも頷ける。

    シャーロック、ワトソンの噛み合わないコンビもこの作品の特徴であり、魅力のひとつかもしれません。
    よかったらチェックしてみて下さいな♪

  • シャーロックシリーズは本も映像でもはじめてだが、思ってたイメージと全然違う。このキャラが原作に沿っているかはわからないがこんなに不完全な人間だったのか。頭はよいが協調性は欠如していて危険な行動もたびたび。ラスボスっぽい人に危険視されてるけどイマイチ敵にとって驚異になる理由がわからない。すぐ殺せそう。あとから補完されるのかな。モリアーティが最後に登場。シーズン1かなり半端なところで終わった

全30件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

SHERLOCK / シャーロック [Blu-ray]を本棚に登録しているひと

ツイートする