春期限定いちごタルト事件 小市民シリーズ (創元推理文庫) [Kindle]

著者 :
  • 東京創元社
3.81
  • (5)
  • (7)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 94
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (251ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【読書】ほのぼの事件簿。論理のおもしろさというより世界観の善し悪し /

  • 「小市民」という名の羊の皮をかぶった狐と狼の話。何故そこまで頑に小市民を目指すのか、小鳩くんに関しては多少の説明があったものの、小佐内さんについてはまだ不明。そして自分を殺してまで目指す小市民とはそんなに良いものなのだろうか?とはいえ「小市民を目指す」という発想は面白い。

  • 米澤さんの本らしい、日常を舞台にした推理もの。
    けど、古典部に比べると、思わず唸ってしまうような推理は少なかったかな?
    最後はちょっと緊迫したけど、意外にあっさり終わったし。
    面白かったけどね。

  • 古典部読み直しのついでにこちらも読み直し。
    やはりこっちのが好き。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

米澤 穂信(よねざわ ほのぶ)
1978年、岐阜県生まれの小説家、推理作家。金沢大学文学部卒業。
大学在学中から、ネット小説サイト「汎夢殿(はんむでん)」を運営し、作品を発表。大学卒業後に岐阜県高山市で書店員として勤めながら、2001年『氷菓』で第5回角川学園小説大賞ヤングミステリー&ホラー部門奨励賞を受賞し、デビューに到る。同作は「古典部」シリーズとして大人気に。2011年『折れた竜骨』で第64回日本推理作家協会賞(長編および連作短編集部門)、2014年『満願』で第27回山本周五郎賞をそれぞれ受賞。『満願』は2018年にドラマ化された。直木賞候補にも度々名が挙がる。
その他代表作として週刊文春ミステリーベスト10・このミステリーがすごい!・ミステリが読みたい!各1位となった『王とサーカス』がある。2018年12月14日、集英社から新刊『本と鍵の季節』を刊行。

春期限定いちごタルト事件 小市民シリーズ (創元推理文庫)のその他の作品

米澤穂信の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする