双頭の悪魔 江神シリーズ (創元推理文庫) [Kindle]

著者 :
  • 東京創元社
3.81
  • (4)
  • (10)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 81
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (698ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読者への挑戦が3つ。
    アリスとマリアの関係が彼らの周辺の人と同様気になるわけですが、いろいろと邪魔が入ってなかなか会えません。
    でも、最後のマリアのアリスに関するセリフ、いい。
    で、事件ですが、マリアが家出した芸術家が集まる村とその近くの村で殺人事件がおこります。
    夏に怖い思いをした彼らですが、またまた巻き込まれるわけです。江神二郎部長の推理は?

  • 前半やや退屈だけど、殺人が起きてからはなかなかのスピード感。前フリもしっかり最後にいきてくるというのはさすがですね。ちょっと都合がいいのはしょうがないかな。

  • 隔絶された2箇所で殺人が行われるというトリックの斬新さと、最後まで真犯人が分からないところは良かった。

  • 頁数は多いですが長いとは感じさせません。
    それは単に二つの事件が平行して進行しており二本分のボリュームがあったからですが、それを1+1>2にしてしまう所が本作の凄み。
    両話を交互に良い所で場面転換させる事と、二つの一見無関係な事件にさりげなく関連性を差し込む事で、兎に角先が気になり頁を捲らせてくれます。
    更に一方の視点しか無い江神が他方の事件の関連性と本質まで捉えて纏めて解決する様には舌を巻きます。
    期待感溢れる題材と展開にお得意の消去法理論。
    信頼できる二枚看板を得た氏の作品は最早磐石、そう感じさせる一冊でした。

  • いや、わかる。江神さんの言ってることはわかるのだけれども、あまりにも入り組んでいるものだから、ひょー、そうだったのかぁ!という簡単明瞭なカタルシスを感じることができなくて、理屈で物語を理解した感じになってしまった。

    トリックは素晴らしかったんだけどな。

    このトリックの種明かしを一瞬で理解するには、探偵役の江神さんと同じくらいの頭の良さが読み手にも求められるのかもしれないなあ、と思ってみたり。

  • トリアタマのワタシでも内容を覚えていた一冊。初読の時の衝撃が強かったせいで覚えているのだと思う。個人的には現時点での有栖川有栖の最高傑作(ただしシチュエーションとしては『孤島パズル』の方が好き)。
    あとがきで有栖川有栖自身も述べているタイトルの件だけれど、全編読み終えるとその秀逸さがひときわ目立つ気がする。この直球勝負かつちょっとコケオドシ的なタイトルは、ものすごく直球で、でも深い意味を含んでいるんだよね。センスって重要だわ、うん。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

有栖川 有栖(ありすがわ ありす)
1959年、大阪市東住吉区生まれの小説家・推理作家。有栖川有栖・創作塾の塾長。
同志社大学法学部法律学科卒業後に書店へ就職。それまでも学生時代から新人賞や雑誌への投稿を繰り返していたが、1989年江戸川乱歩賞に投稿した『月光ゲーム Yの悲劇 '88』が東京創元社編集長の目に止まり、大幅に改稿した上で刊行し、単行本デビューとなった。1994年、書店を退職して作家専業となる。1996年、咲くやこの花賞(文芸その他部門)受賞。1999年から綾辻行人と共作でテレビ番組『安楽椅子探偵』シリーズ原作を担当する。
2003年、第56回日本推理作家協会賞(長編および連作短編集部門)を受賞した『マレー鉄道の謎』、2007年発表作で「本格ミステリ・ベスト10」で第1位、「週刊文春ミステリーベスト10」で第1位、「このミステリーがすごい!」で第3位、「黄金の本格ミステリー」に選出と高く評価された『女王国の城』など、多くの作品がミステリ賞で高く評価されている。
2000年11月より2005年6月まで、本格ミステリ作家クラブ初代会長を務める。

双頭の悪魔 江神シリーズ (創元推理文庫)のその他の作品

双頭の悪魔 (黄金の13) 単行本 双頭の悪魔 (黄金の13) 有栖川有栖

有栖川有栖の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする