はさみ hasami [DVD]

監督 : 光石富士朗 
出演 : 池脇千鶴  竹下景子  徳永えり  窪田正孝  なんしぃ 
  • Art Port Inc.(VC)(D) (2012年8月9日発売)
3.24
  • (3)
  • (3)
  • (7)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 40
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4520634512152

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 美容師専門学校の話。私が専門学校の寮母をしていて、専門が違うがとてもリアルに感じることができたからか、おもしろかった。

  • ★★★☆☆
    ハサミは学校のようなものだ
    【内容】
    美容専門学校の教員・久沙江が、自信が持てずに不登校ぎみの学生、複雑な家庭環境に悩み授業に身が入らない学生など、さまざまな事情を抱えた未来の美容師たちと奮闘し、夢を追いかける姿を描く。

    【感想】
    なかなか面白かった。ただ、最後20分くらいはちょっと蛇足かな。
    生徒3人と先生の葛藤と成長を描いている訳だが、中盤から完全に先生は忘れられた存在になり、最後に思い出したように付け足しちゃった感じです。もう少しうまく脚本が書ければ生徒の話と融合できたのにな。

    ハサミをうまく使うには「上の刃だけが動き、下の刃は動かさずに受け止める」とのことだ。
    なるほど、動いてもがいて目標を達成しようとするのが生徒で、しっかりと受け止めてその道筋を示すのが先生なのか。
    うまいな。

  • もう若者ではなく、世俗にまみれてしまったので、こういう青臭い人物がたくさん出てくるのに耐えられなくなってしまった。
    純な心はどこに行ったのか・・・。

  • 美容・理容専門学校を舞台にしたヒューマン映画。

    想像以上のことは起きなかったなぁ…
    最初は池脇千鶴が学生役だと思ってたし。

    どの生徒の話も尻切れトンボな感じ。二時間近くの長さなのに広く浅くだから、観終わってあんまり心に残らない。

    ただ、『ふがいない僕は空を見た』で圧巻の演技だった窪田正孝くんが良い味出してた。

  •  「すきなこと」を仕事にするってどんなだろうと、考えさせてくれる映画だった
     夢と現実にぶつかる若者と、見守る先生の成長物語

     「ジョゼと……」の頃の若かった池脇千鶴が、先生役――大人の女性の役を演じるようになったんだなぁと
     時の流れを感じた(笑)

全6件中 1 - 6件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする