デビルズ・ダブル -ある影武者の物語- [DVD]

監督 : リー・タマホリ 
出演 : ドミニク・クーパー  リュディヴィーヌ・サニエ 
  • アミューズソフトエンタテインメント (2012年7月20日発売)
3.35
  • (9)
  • (25)
  • (41)
  • (9)
  • (2)
本棚登録 : 158
レビュー : 37
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4527427653658

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • サダム・フセインの実子で狂気の放蕩を重ねるウダイ。
    不幸なことに、ウダイの同級生で軍人ラティフは彼に瓜二つ。
    自身の家族を守るために影武者となることを受け入れる。

    湾岸戦争時のイラクを舞台に、戦争が激化する国内の緊張感、
    些細なことで残忍な引き金をあっさり引きかねない緊張感、
    どこに居ても結局は見張られているという緊張感、
    ウダイですらサダムの支配下にあるという緊張感などなど、
    幾重にも張り巡らされた緊張感の連続で押しつぶされそうになる。

    何がすごいって、主演のドミニク・クーパーの演じ分けが見事すぎる。
    狂った独裁者ウダイと一本気な正義漢ラティフが
    一人二役であることを忘れさせるほどの怪演を見せる。
    (ちなみに日本人でこの役をやれるのは絶対山田孝之)

    終盤、史実にこだわったためか、若干オチを探り探りな印象を受けたが、
    それでも見ごたえのあるサスペンスに仕上がっている。

  • 終盤描かれるバグダットのまちの遠景。
    とても美しかった。

    描かれている物語の内容はきっと序の口。

    現実の世界ではもっと悲惨の自体が
    今もこの世の中で起こっているのだろうと思うと
    心が痛くなって行くのがわかった。


    ドミニク・クーパーを覚えた映画。

  • 請求記号:12D161(館内視聴のみ)

  • ウダイ・フセイン、狂気のプリンス。

  • ドミニク•クーパーは間違いなく天才。

  • 制作年:2011年
    監 督:リー・タマホリ
    主 演:ドミニク・クーパー、リュディヴィーヌ・サニエ
    時 間:109分
    音 声:英:ドルビーデジタル5.1ch、日:ドルビーステレオ


    20世紀末、世界中の国家を敵にまわしたイラクの独裁者サダム・フセインには、タブー視されていた息子がいた。
    “狂気の申し子”と悪名高く〈ブラック・プリンス〉と呼ばれた長男・ウダイ・フセイン(1964.6.18-2003.7.22)。
    そのウダイに顔が似ているという理由で選ばれ、家族の命と引き換えにウダイの影武者を引き受けることとなった男がいた。
    男の名はラティフ・ヤヒア。
    整形手術と付け歯、徹底した所作訓練でウダイに酷似させられたラティフは、ウダイを生きることを強いられ「サダムの息子が前線にいる」というパフォーマンスのためにと、戦火の地にさえも送られた。
    莫大な資産と、全てを思うがままにすることを許される権力、毎夜抱き替える女たち、そして理由なき血への欲求。
    ウダイの飽くなき狂気に寄り添い、影武者として傍らで応え続ける日々に、自身を許容できなくなったラティフだが、彼には生死を選ぶ自由さえ許されてはいなかった。
    そんなある日、逃げても執拗に追いかけてくるウダイと、ついに戦うことを決意するラティフ。
    悪魔と対峙することを決意した彼はどう立ち向かい、何を得、何を失うのか…。

  • 人間の持つ、残虐で非道で。
    心を持たず。
    本当の愛を知らず。
    苦しいけれど、これが現実なんです。
    悲しいけれど、これも人間の持つ姿で。
    目を背けたくなるけれど、世の中綺麗事ばかりじゃないでしょ?と言われている様で。
    それはもしかしたら、私が知ろうとしなかったのか…。
    もしくは様々な大人の事情で封印されていたのか…。

    彼にとって銃を放つ事は、容易くなく。
    自分の置かれた立場を巧みに利用し。
    どう折り合いをつけていいのか分からず心がモヤモヤし。
    貴方にとって生きる意味を教えて下さい。
    貴方が命を懸けて向き合える物は何ですか?と問いたくなり。
    でも、影部者として生きた彼の生き様がせめてもの救いだったと。
    銃を放たず。
    本当に愛した女しか抱かず。
    家族への愛をどんな時も忘れる事の無かった姿に。

  • こんな野蛮人が国のトップにいると思うとゾッとする。平和が全て。

  • いい映画だった。発展途上国の現実を表してる。見る価値あり。

  • 一人二役すごい!お見事です。
    実話ってところがつらい・・・。
    少し話しはずれるけど
    イラク戦争について改めて考えてしまった。

全37件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする