文学界 2012年 06月号 [雑誌]

  • 文藝春秋
3.14
  • (0)
  • (3)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910077070621

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 小祝百々子『こどもの指につつかれる』
    語り手が無くなった左腕だとは難しい。
    読んでいて…何となく入り込めない。
    左腕とハルさんの距離はハルさんと他人との距離にも通じるのかな。
    左腕としては吾郎さんをどう思っているのか

  • 第114回文學界新人賞
    小祝百々子「こどもの指につつかれる」

  • 芥川賞候補作「ギッちょん」読了。行きつ戻りつする回想。私も仔猫と遊びたい。

  • 第147回芥川賞候補作 山下澄人「ギッちょん」掲載

  • 文學界新人賞受賞作「こどもの指につつかれる」、面白かった。前半は少し読みにくかったり、まどろっこしく感じたりしたが、後半になるとぐいぐいページをめくってしまった。私もこんな丁寧で綺麗な文章を書けるようになりたいものだ。
    花村萬月氏の選評はトゲのある物言いもあるのだけれど、そのぶん、文章を書く上での注意が具体的なのが良い所だと思う。

全6件中 1 - 6件を表示
ツイートする