flowering(初回生産限定盤)(DVD付)

アーティスト : TK from 凛として時雨 
制作 : TK from 凛として時雨 
  • SMAR (2012年6月26日発売)
4.48
  • (15)
  • (13)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 86
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・音楽
  • / ISBN・EAN: 4547403011739

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 世界を変えれるはずも無いけど
    暗闇は僕が切り裂いておくから

    03.haze

  • ソロ名義ではあるが、アーティスト名通りあくまで「凛として時雨のTK」と言う意味合いが強い。基本路線は時雨と変わらない。こう言う音を使って音楽をやってみたかったんだ、というのも分かる。だけど、そこに新鮮さや面白味を見出しにくい。

  • 確かに、ピアノとかアコースティックな感じとか、凛として時雨では見せなかった面がいろいろあったけども、基本的には時雨。だからこそ名義にバンド名残したのかな。これを凛として時雨として発表してたらそれはそれで面白かったかもなーなんて。

  • 5曲目は真っ白な情景と、水面が思い浮かび、冬に合う。

  • 曲は然ることながら、とにかくアートワークが美しい。
    真っ暗な部屋で映像見て、部屋を青くしたいな。

  • TK from 凛として時雨 [frowering]
    1. flower
    2. Abnormal trick
    3. haze
    4. phase to phrase
    5. white silence (album version)
    6. 12th laser
    7. film A moment (album version)
    8. daylily
    9. fourth

    圧倒的なpop。あくまでもTKのソロ作品です。
    凛として時雨のような激しいものをイメージして聴かない方がいいです。
    確かに曲の構成とか時雨と似ているものもあるけれど、曲の内容はまったくの別物といってもいい。アルバム #4 の時が一番近い形なのかもしれないです。
    時雨では冷たく鋭いけれど儚く崩れやすい印象があるけれど、これは優しく暖かい、儚く消える印象がありました。個人的ですが。
    あと、歌詞の意味が強く、分かりやすくなりました。
    最後に…TKの中の音楽世界がほんの少しだけ見えました。TKからしたら完全に伝えられている訳ではないでしょう。「曇って」伝わっていると思います。

全8件中 1 - 8件を表示

flowering(初回生産限定盤)(DVD付)のその他の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする