テルマエ・ロマエ 映画パンフレット 監督武内英樹 出演 阿部寛、上戸彩、北村一輝、竹内力、宍戸開、笹野高史、市村正親

  • 東宝
4.00
  • (2)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp
  • / ISBN・EAN: 4988104057068

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 映画が出てこなかったので、これで書きます。

    (No.12-37) 映画です。

    私は原作マンガは2巻まで読んで面白かったので、映画を見に行きました。原作をどう映画化したのか不安もありましたが、とても上手く作っていて感心しました。
    なにより古代ローマ人ルシウス役が阿部寛なのに、全く違和感がない!日本人役になった人達、特におじいさん達は、よくもまあここまで揃えたなと笑っちゃうほど平たい顔族ばかりです。

    ローマでの撮影は、あの大作ドラマ「ローマ」で使ってたセットをそっくり使わせてもらったと聞いていたので興味深く見ました。わあ、ほんとだ!あのローマです。なんか懐かしいよ~。「ローマ」はドラマなのに映画並みの撮影をしたということでしたから、この映画の撮影に使わせてもらって良かったわ。
    ルシウスのお宅は、もしかして生真面目な兵士さんのお宅かな。彼も奥さんに迫られてたから、ルシウスが迫られる場面で思い出しちゃった。
    本物のローマ人たちがけちけちしないで大人数うろついているので、臨場感がたっぷりでした。

    言葉の問題をどうするのか心配してましたが、少しだけラテン語を入れたことで上手く解決しててこれにも感心しました。
    ローマでは日本語を話していても、これはラテン語だということで違和感がない。
    ルシウスが日本に来た時、思っていることは日本語なのですが、声に出したときはラテン語を話しました。日本人たちが話していることを理解できない様子も表現したことで、さらにダメ押し。
    日本人の真実ちゃんがなぜルシウスと話が出来たかというと、彼女が真相に気が付いてラテン語を猛勉強したということに。少しだけ真実ちゃんがラテン語を話すことで、以後日本語にしちゃっても、これはやはり同じくラテン語ね!と。
    タイムスリップなんていう大嘘を違和感なく受け入れさせるには、こういう細かいことに現実感を持たせることが大事なんだと思います。

    気楽に楽しめる映画でした。面白かった!!!

  • 他の人のツイートにつられて観に行きました。

    古代ローマと現代日本をタイムスリップで行き来しながら、新しいテルマエ(浴場)を作り出す、テルマエ技師。
    そして実在の銭湯や温泉、そこに集う「平たい顔」の気のいい日本人たち。

    ついにはテルマエ技師と共に日本人ヒロインも、温泉仲間たちも古代ローマへタイムスリップしてしまう。誰に頼まれるでなく、報酬など無くても、温泉づくりに協力し一緒に喜ぶ日本人を見てテルマエ技師は不思議がる。
    私はこの場面が好きだ。

    東日本大震災の時に、協力し合う日本人の姿を世界人たちが賞賛して下さった。それを知った日本人もとても感激した。
    その姿がこの場面にダブったのだ。

    日本の銭湯・温泉文化も捨てたものではない。確かに国際的に恥を晒している部分もあるが、やはり日本人の協力好きは素晴らしい。

    最後、皇帝から褒美の言葉を受けても、あえて皇帝の側近の手柄であるとする態度も日本人的。

    実は、日本の良さをしみじみ感じる映画なのである。



    おまけ画像
    映画館でもらった「テルマエ・ロマエ特別編」
    ヤマザキマリさん描き下ろしの漫画付き!
    twitpic.com/9gbz02

全2件中 1 - 2件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

テルマエ・ロマエ 映画パンフレット 監督武内英樹 出演 阿部寛、上戸彩、北村一輝、竹内力、宍戸開、笹野高史、市村正親を本棚に登録しているひと

ツイートする