ゴールデンボンバーのボーカルだけどなんか質問ある?

著者 :
  • ユークリッド・ミュージックエンターテイメント
4.29
  • (11)
  • (9)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 72
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 4948722444664

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ファン歴が浅い私ですが
    鬼龍院さんの音楽の才能,センスに惹かれていたので
    思わず購入してしまいました。

    ちなみに研二さんのブログ本は普通の書店に置いてありましたが
    彼の本は無く、タワレコで購入しました。

    全ページスレッド風にQ&Aで綴られています。

    歌広場さん、研二さんに関しての記述は少ないです。
    学生時代のバンド仲間の事(喜矢武さんも含む)の方が多いくらいです。

    性格に関していえば
    思っていたほどひねくれているとは感じませんでした。
    ただ本当に繊細な人なんだなぁ…と。

    音楽に関しては生まれながらの天才だと思っていましたが
    練習はもちろん試行錯誤したり教室に通ったりと
    予想以上に音楽に地道に取り組んでいたことがわかりました。

    実は色々努力・経験した上で生まれたのが今の彼の音楽なんだと
    わたしはこの本でそれが一番意外だったかもしれません。

    彼の恋愛体験とそれにまつわる歌詞を載せてくれていたのは
    女子にとってはポイント高いのではと思います。

    ファンの方はANNやニコラジ等で
    聞いたことがあるエピソードもあるかもしれませんが
    本人が言っていたように
    今こうやって注目を集めている今だからこそ
    今回の出版には意味があったのだと思います。

    変に良い恰好をしない飾らないキリショーが見られると思います。

  • ともすれば派手なパフォーマンスばかり目立つゴールデンボンバーだけれど、キリショーちゃんのバックグラウンドや音楽に対する考え方が深くて深くて、良い意味で裏切られる。
    自分とも環境とも音楽とも、ずっと闘ってきた人なんだなぁ。
    金爆の曲が、「自分は自分で良いんだ」っていう根本に立ち戻れる、より大切なものになりました。

  • すごく重いと聞いていたけど
    別にそこまででもなかったな。

    • 藤村幸多さん
      それほど重いとは思いませんでしたけどね……。版面からして軽く「見える」ように工夫されていますし。
      それほど重いとは思いませんでしたけどね……。版面からして軽く「見える」ように工夫されていますし。
      2013/10/03
  • 久しぶりに読み直しました。くすっとなりうるっとなり、読み終わったらじゅわーっと愛しさと満足感が滲み出てくるような本。

  • スレッド形式でキリショーがこれまでの人生を振り返る。
    なかなか興味深かった。

    MALICE MIZERが原点か!知らなかったよ。
    でも思えば金爆のライブパフォーマンスはほぼ彼らと一緒!
    なるほどね~。

  • 金爆が好きな私にとってはたまらなかった。
    スレ風に書かれているのもまた面白いなぁって思った。

    キリショーの過去が分かってどんな思いでやってるとかも書いてあって、金爆好きなら読んだ方が絶対良い。

  • 『音楽』とは何か、を追求する鬼龍院さんが作り上げるゴールデンボンバーに対する見方が変わった。これからの曲やライブがますます楽しみになった。

  • スレ調で読みやすいけど、スレの住人が偽物だから、想定の範囲内での意見しかなくて、そこは残念でした。
    スレッドは、思いもよらぬ書き込みが面白かったりするので。

    でも、内容は興味深く、おもしろかったです。

    キリショーは才能があって、努力を惜しまず、頑張る人って感じでした。

  • キリちゃんの自伝。暴露本でもある。キリちゃんの音楽に対する思いのこもった一冊。スレッド風な書き方で一気に読めるし面白いし細かい!大ファンの私はこの本を読んでさらに好きになった。キリちゃんの音楽も是非聴いてほしい!もっともっと活躍してほしいと願う気持ちでいっぱい。

全9件中 1 - 9件を表示

鬼龍院翔の作品

ツイートする