アサシン クリード I+II ウェルカムパック【CEROレーティング「Z」】 - PS3

  • ユービーアイ ソフト (2012年7月19日発売)
  • PlayStation 3
4.36
  • (15)
  • (9)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 109
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・ゲーム
  • / ISBN・EAN: 4949244002752

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 1は以前借りてプレイ済みでしたので主に2が目当てでしたが、1も一緒に手元に置けるということでこちらを買いました。
    これはシリーズ共通ですがやはり背景のグラフィックがとても素晴らしく、作り込まれた町並みはついじっと眺めてしまうこと必至。1では殺伐として無機質な街並みが美しかったのに対し、2はルネッサンス期と謳うだけあって建物の作りや市民の服装も全体的に華やかな印象でした。

    アクションに関して前作は下手くそな私には慣れるのに結構時間がかかった上に、いざ慣れると後半やや作業っぽく感じてしまったものですが、2は割とサクサク出来てストーリーやゲーム上での演出を楽しめた気がします。単に1で慣れたというのもありますが暗殺時に用いるアクションなどが増えて使い勝手が良くなったことも影響していると思いました。1もとても楽しかったですが2では更にそれが進化していてよりこのシリーズが好きになったので非常に満足しています。

    あと、プレイ中に知ったのですがこのウェルカムパックはかつてはDLCとして別で配信されていた2の追加ストーリーまで最初から入っているので、以上の理由も含めて「二つのソフトが同時に手に入る上にソフト一つ分の値段」ということでアサクリを1からやりたい人にとっては非常にお買い得。ウェルカムと記述してある通り、初見の方にこそおススメと言えるでしょう。
    またそういった方へひとつご注意ですが、これは1からストーリーが繋がっているシリーズのため、2だけやろうとしてもクリアは出来ても話にはあまり入り込めないと思いますのでちゃんと1からプレイして頂くのが定石かと思います。

  • アサクリ2でトロフィーコンプしました。
    はじめてのプラチナトロフィー…。

    アサシンクリード楽しかったなぁ。
    とにかく風景が綺麗でリアルで、しかもゲームの世界が生きているので、作業だからやらんでいいとまで酷評されてる1も楽しかったです。砂にかすんだ砂漠の街で、立ち止まったら足元で砂埃が舞うわけですよ。アルタイルである自分が確かにそこにいて、教義を胸に世の混乱を取り除くために立ち回っている。その気になれる。
    2は教義はややそっちのけになり、代わりに美しいイタリアの都を観光できる。フィレンツェ行ったとき感動して毎日見にいったジョットの鐘楼やドゥオモ。その尖塔まで登って猫のように街ゆく人々を見下ろしたりできる。はるか屋根の上からお金を撒いて集まる人々を眺めてみたり。そのお金、どこから現れたと思ってるんだろうな。
    メインの暗殺はゲーマーな人にはやりがいないかもしれない。何しろ凄腕アサシンなのでそっと忍び寄って一撃必殺即離脱。まあ即離脱っていってもターゲット殺した時点で必ず見つかるので追われることにはなるのですが。現実ではもうもう絶対無理な超絶身体能力で、軽く塀に飛び乗って、屋根から屋根へ飛んで、塔の天辺から下の藁山に向かってイーグルダイブするのが爽快かつ自分が格好良すぎて燃える。

    さすがにコンプするまでやっていたらイタリアの風景にも飽きたので、ブラザーフッドはしばらくおあずけです。

  • 難しいけど、世界観が素敵で、没入感があるオープンワールド。
    高いところから飛ぶのが楽しい。
    暗殺については自分不器用ですから、まだ全然…。初めての暗殺はまったくスマートじゃなかったです…(笑)。

  • お得パック。
    1が作業ゲーとよくよく言われてることについては否定できないけど楽しいとし好きですよ?1は主人公アルタイルの改心していく様を見守りつつ2への操作慣れと話の流れをつかむ為にさくっとやってみるくらいでやってもいいんじゃないかな?
    2はいろんな方がレビューでおっしゃってる通り楽しいです!やることたくさんなので結構長く遊べる。
    余談ですが、2→1とプレイすると操作に慣れたせいか1が簡単に遊べるようになります。笑

全4件中 1 - 4件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

アサシン クリード I+II ウェルカムパック【CEROレーティング「Z」】 - PS3を本棚に登録しているひと

ツイートする