なぜ投資のプロはサルに負けるのか? [Kindle]

著者 :
  • ダイヤモンド社
4.33
  • (5)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 31
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (217ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 目からうろこの論理展開。何が「なるほどねー」なのかは読んでのお楽しみ。

  • スッキリと分かる。

  • 著者のメルマガを取っていて、その中でちょくちょく出てきていたので、気になって購入。そろそろ投資を再開しようかとも思っているし。

    ものすごくざっくりと本書の結論を書くと「下手に銘柄を探して投資するんじゃなくて、TOPIXやインデックスに投資しなさい」ということ。この一言に尽きる。

    なぜ銘柄指定ではなくTOPIXやインデックスなどがよいのか、ということについて、懇切丁寧に記載されている。数字を持ちだして、ロジカルに説明されているので、納得性は高い。

    単に「確実に少しずつお金を儲けたい」のであれば、おそらくは正しい手法だろうと思う。確かに日経平均も徐々に上がってきているし。

    まあバブル崩壊みたいなことがあると大変だが、それは銘柄指定でも一緒だからねぇ。銘柄指定に比べると確実なのは確かかも。

    ただ一攫千金を狙うならこれじゃあダメだろうな。大儲けしたいなら爆上げしそうな銘柄を探して、指名買いするしかない。そんなことをすればするほど損していくのは世の常ではあるけど。

    著者は確実に儲けるための手段として、TOPIXへの投資を進めている。それは決して間違いではないし、銀行へ預けるよりもリターンは期待できる可能性は高い。それが面白いかどうかは別にして、ね。

    そしてこのタイトルは釣りだよなぁ。タイトルの意味するところが「手数料の分だけプロの運用成績が悪くなる」だからなぁ。この釣りタイトルは宜しくないと思う。

    ま、普通に考えりゃあ、プロとまともに勝負して勝てるわきゃねぇんだけど、「プロに勝てる方法が載っている!!」と思って喜び勇んで本書を購入した人は残念なことこの上ないだろうなぁ。

    ともあれ、本書は株式市場の全体的な俯瞰をし、どういう仕組みで物事が動いているのか、ということを理解する上においては、非常によくまとまった良書だと思う。「株で1年で1億稼ぐ」みたいなインチキではなく、堅実な方法をベストソリューションとして提示している点で、良心的でもある。

    株をやろうと思っている人、興味を持っている人、一回やって損を出してやってない人、こういった人にはとてもお勧めできる一冊。逆に、一攫千金を狙う、ハイリスクハイリターンが大好きな人にはお勧めしません。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

金融日記管理人。恋愛工学メルマガ発行。

「2017年 『ぼくは愛を証明しようと思う。(2)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

なぜ投資のプロはサルに負けるのか?のその他の作品

藤沢数希の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする