ザ・ゴール [Kindle]

制作 : 三本木 亮  稲垣 公夫 
  • ダイヤモンド社
4.32
  • (20)
  • (16)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 142
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (552ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 科学者が、どのように課題にアプローチするかだ。僕たちが普通ビジネスでやっていることと、ずいぶん違うんだ。最初は、あまりデータの収集はしない。反対にまず何か現象、つまり自然界の事実をランダムに取り上げる、そしてそれに関する仮説を立てる

    今、新しいことに取り組んでいます。道筋も解もありません。うまくいく目論見もありません。漠然とうまく行かない可能性の方が高いです。

    目の前で悩んでいるのは課題探しです。綺麗に進んでいる取り組みに課題を見出すことです。その取り組みは10年以上続いているもので、課題などあるものかと思ってしまいます。ですが見つけねばなりません。

    そのために、まずは現状把握、誰が何をどういう目的で進めているかを徹底的に追い求めることと思っていました。ただ、科学者のアプローチとは異なるようです。どうせ暗中模索の連続なので、本書に倣って、あまり情報の収集に拘泥せずに、適度に仮説を立てながら進めたいと思います。

  • 思考プロセスについて学べる本がないかとAmazonを探索して辿り着いたのだが、思考プロセスをテーマにしているのは『ザ・ゴール2』のほうだった。
    せっかくなので1作目から読んでみるかと2冊を連読。

    完全に小説の形式を採っているのには驚いた。
    1作目で、不採算の工場の責任者として建て直しに成功した主人公が、数年後を舞台にした2作目では経営幹部として多角化したグループ事業の売却交渉に挑む。
    という点では『島耕作』っぽいのだが、大した仕事もせずに運と縁だけで出世していく島耕作と違って、こちらの主人公は仕事に苦悩し、必死に取り組んでいる。

    ゴールドラット自身をモデルにした主人公の恩師や、工場・会社のスタッフ・幹部とのディスカッションを中心に理論と方法論が展開されていくのだが、主人公は同時に家庭の経営にも悩み、奥さんや子供との会話の中からも問題解決の手法のアイデアを得ていくあたりが面白い。
    特に、1作目で、長男が入っているボーイスカウトのハイキングを引率する羽目になり、そのハイキングの様子を観察する中でボトルネックについての考察を深めていくあたりは非常にわかりやすい。
    また、2作目では、思考プロセスの各種ツールがビジネスだけでなく、プライベートでの様々な問題解決に適用可能であることが示される。

    1作目のテーマは、工場での生産管理。
    TOC(Theory of Constraints)と名付けられたゴールドラットの理論が、小説のストーリーに乗って展開されていく。
    TOCは、一言でいえば全体最適化の理論である。
    企業や工場全体を一つのシステムとみなし、全体でのスループットを最大化することを究極にして最大の目的だとする。
    企業が儲けるためには、スループットを増やすことが最も重要であり、次いで在庫を減らすことで、経費節減は重要性が低いとされる。
    そしてスループットを最大化するにあたり着目されるのがボトルネックの存在で、ボトルネックの生産能力で工場全体の生産能力が決まってしまう。
    ボトルネックがあるにも関わらず工場中の機械を目一杯働かせようとすると、工場内に在庫が積み上がるだけでスループットは増えない。
    部分最適の陥穽に嵌ってしまうのである。

    ちなみにこの『ザ・ゴール』、米国でベストセラーになったにも関わらず、15年以上の間、日本で翻訳版が出されなかった。
    ゴールドラットが長年にわたり日本語版の出版に同意しなかったためで、その理由は「日本人は、部分最適の改善にかけては超一級であり、その日本人に全体最適化の手法を教えてしまったら、貿易摩擦が再燃して世界経済が大混乱に陥る」からだそうだ。
    ほんまかいな、と思う一方、日本語版が出てから20年近くが経とうとしている現在も、日本企業が全体最適化するのが上手になったとも思えないのが悲しい。。

    2作目のテーマはマーケティング。
    1作目では工場内のボトルネックに着目したが、需要を十分に引き出せていない場合、市場にボトルネックがあることになる。
    思考プロセスは、市場のボトルネック(制約条件)を解消するためにマーケティングに適用され、急激にシェアを伸ばすことを目的に用いられる。
    「何をどのように変えるか」「どうやって変化を起こすか」を導くためのツールとして、「現状問題構造ツリー」「対立解消図」「未来問題構造ツリー」「前提条件ツリー」「移行ツリー」などが登場する。
    それぞれのツールをどう使えばよいのか、雰囲気はわかるのだが、ほとんどが文章(セリフ)で説明されて、部分的にしか図示されないのが隔靴掻痒。
    この本を読んだだけでは、思考プロセスを使いこなすことはできず、別の手段で体系的に学ぶ必要がある。

  • TOC(Theory Of Constraints、制約理論)について小説形式で書いた本。
    全体最適とボトルネックのくだりは面白い。
    社内のQC活動などでも、『自工程でできる改善内容』にフォーカスしがちだが、もっと視野を広げて全体を見て取り組まないと。
    『なにも改善できないよりは一工程でも改善したほうが良い』と思いがちだが、全工程内のボトルネックを放置していると、そこで在庫(または、半製品)を積み上げることになり、キャッシュフローが滞り、工場の生産性としては低下する。

  • 製造工場の改革をテーマにした小説。実際の工場経営にも役立ちそうな、テクニカルな改善手法をベースに物語がつくられている。トヨタ生産方式やPDCAサイクル、問題発見の思考プロセスなどを思わせる要素が、著者ならではのカタチで、そこかしこに登場してくる。

  • 実用書+ラブストーリ

  • 初出1984年と古い本ですが、スループットという考え方はすべてのビジネスに活用できます。まあ一番面白かったのは、この本が売れちゃってスケジュール管理ソフトが売れなくなったというあとがきw

全7件中 1 - 7件を表示

ザ・ゴールのその他の作品

ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か ペーパーバック ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か エリヤフ・ゴールドラット

エリヤフ・ゴールドラットの作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ザ・ゴールを本棚に登録しているひと

ツイートする