ナイト&デイ(エキサイティング・バージョン) [DVD]

監督 : ジェームズ・マンゴールド 
出演 : トム・クルーズ  キャメロン・ディアス  ピーター・サースガード  ビオラ・デイビス 
  • 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (FOXDP) (2012年7月18日発売)
3.60
  • (18)
  • (38)
  • (37)
  • (10)
  • (1)
  • 本棚登録 :284
  • レビュー :28
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988142898920

ナイト&デイ(エキサイティング・バージョン) [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • キャメロン可愛すぎるー!可愛いだけじゃなく、強くてカッコイイ、明るくて、元気なキャラがキャメロンにぴったりの役でした。
    最後のキャメロンが逆にトムに悪ふざけしちゃうところとか最高! あんな可愛いことされたら、ずっと一緒にいるって思っちゃいます!
    絶対日本語吹き替えでみない方がいい。吹き替えが全然キャメロンぽくない!

  • トム・クルーズがかっこよすぎる!

  • 恋の予感を感じた相手は凄腕スパイ。テンポよく展開されるストーリーに引き込まれた。

  • キャメロン・ディアスが可愛かった~。にしてもいきなり巻き込まれた割にはめっちゃ強いな!!!最後に攫いに行くとことか、かっこよすぎです。かっこいいのに可愛いとかずるいわぁ。

  • 始め、タイトルを聞いたとき夜と昼だと思ってた!違いましたね(笑)
    ハリウッド映画って感じの映画。あ、私的にはこれ褒めてます⭐テンポが良くて分かり易くて、派手でハピエン。テッパンで大好き!!

    どうしても、MR.&Mrs.Smithと被る印象だけど、パッケージにもあるバイクのシーンが印象的で、そこで何でかローマの休日を思い浮かべます( ´艸`)

  •  こちらも、アメリカ映画らしいアメリカ映画。というか、アクション映画。

     トム・クルーズとキャメロン・ディアスが共演した作品。

     ジューンは、ごくごく普通の女性。
     妹の結婚式に向かうために、飛行機に乗ろうとしたところ、ロイ・ミラーと名乗る男性とぶつかってしまう。
     ロイとは一度ぶつかり、乗り合わせた飛行機までも一緒。
     ジューンはその偶然を喜ぶけれど、実はロイはエージェントで、ジューンはロイの抱えるトラブルに巻き込まれていく……という話でした。

     なんというか、偶然居合わせてしまっただけで、一般市民が事件に巻き込まれてしまう、というのはこういう映画では割とある話だけれど、ジューンを見ていると、巻き込まれるのって本当に不幸な偶然で辛いな……と思ってしまいました。

     それでも、ジューンの対応能力は、愛の力なのか、何なのか……。
     最初はパニックになっていたけれど、最後はあっさりと状況を受け入れて、むしろ積極的に関わっている辺りが、やっぱり運命の出会いと言えば、出会い……なのかもしれません。

     最後はロイに対する誤解が解けて、でも、ロイとジューンでは生活する場所が違う、ということで離れ離れ……のはずが、ジューンがぶっ飛んだ行動に出て、ハッピーエンド。

     いや、そんなことして、その後の生活どうするの? と思うけれど、そういう疑問はロマンスの前には無駄なものなんだろうなあ……と思います。

     どっかぶっ飛びすぎてて現実感のない、ハリウッド・アクション・ラブロマンスでした。
     そういうのがお好きな方にはオススメしたい映画です。

  • キャストのはまり具合が素晴らしい(笑) ここまで”イケメンに限る”を徹底した映画はほかには見たことない! きっちりエンタメ作品です、でもいい意味で頭の悪い作品(笑) 

  • ウォン・カーウァイの『グランド・マスター』を観た直後だから余計に思えるのだけれど、アクション・シーンに多彩な工夫が凝らしてあってかなり楽しめた。

  • わかりやすいしかわいいしすぐ爆発するし人もあんまりあっというまにしぬし味方は絶対しなないんだろうなって妙な安心感があるから全然悩まないでながら見できてよかった。
    ありがちだけど男の人が前に言った台詞を女の子が自分の方が有利になったときに真似してちゃかす演出?がすごいすきだからかわいかったな〜。キャメロンディアスかわいい〜〜し、最後バイクで撃つとこもかわい〜し、トムクルーズもなんかみてるうちにやっぱかっこいいなってなる。あとなんか水着のシーンとか、キャメロンディアスがぼんきゅっぼんとかガリガリとかじゃなくて普通のおんなのこな体型なのもなんかかわいかった。またみよーっと。

  •  頭の中を空っぽにして、難しいことを考えず楽しむ映画。実際物語の進行も、面倒なところの描写はすっ飛ばしてしまうのだから、それでいいのだろう。物語は単純だけどおもしろく、アクションも爽快でわくわくする。冒頭もラストも、なかなかしゃれていた。あまりハードではないけれど、よくできた娯楽映画だと思うのだ。

     それでも、僕の中に、もうひとつ高い評価が出てこないのは、申し訳ないけど、主演二人。トム・クルーズは役柄にしては雰囲気がちょっと甘すぎ(誰かに似ているなと思ってら、サッカーの長谷部選手だった)るし、キャメロン・ディアスの魅力は下り坂だ。

     別のキャスト、せめてディアスがもう少し若いときの演技で見たかったかな。残念。

全28件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする