とんび [DVD]

出演 : 堤真一 
  • バップ (2012年7月24日発売)
4.46
  • (8)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :21
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988021156202

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • このNHK版は号泣した。
    DVD出てたんだ。。欲しい。

  • NHK版ドラマとんび。

    ヤスさんがアキラが産まれた時に防波堤に飛び乗って、海に向かって「ありがとうございます」と大声で言うシーン、カメラ片手に家族写真を撮る浜辺のシーンなど海や空のシーンがきれい。

    時代とともに段々と変化していく仕事現場の風景がさりげないのだけれど上手い。

    主演の堤さん演じるヤスさんの豪気さや、池松さんの線の細い優しいアキラ、小泉さんの色気のある姉御肌のたえこ、古田さんの飄々とした感じ、塚地さんのいい人そうな後輩役などわき役の俳優陣もよかった。
    会話のテンポがよく、掛け合いもアドリブが入っているのか役者さん同士の息が合っててくすりと笑ってしまった。酔っ払って居酒屋の帰り道、「可愛いベイビー」を唄うヤスさんとたえこねえちゃんのやりとりがよい。

    踊ろうマチルダの歌のエンディング、ハスキーな歌い方なのでてっきり年配のアーティストなのかと思ったら、まだ若い方のようでびっくりでした。

  • 重松清の原作。
    もうすぐドラマが始まるようですね。楽しみ!

    こちらもドラマですが、とっても良かった。号泣しました。

    原作は未読ですが、本は購入済み。
    ドラマが始まる前に読もうっと!

  • 重松清原作、堤真一主演による感動ドラマの前編。昭和37年、瀬戸内海に面した広島県備後市。運送会社で働くヤスは長男・アキラが誕生し、人生最高の喜びに浸っていた。しかし、その幸せは妻・美佐子の事故死という突然の悲劇により打ち砕かれてしまう。
    制作年:2012年
    収録時間:73分

  • 昭和という時代、事故で母を亡くして
    父1人で息子1人を育てる。
    愛情、人情、絆・・・

    泣いたーーーーーーーー
    すごくよかった!!!!

全5件中 1 - 5件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

とんび [DVD]に関連する談話室の質問

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする