妄想エレキテル3

アーティスト : 前野智昭  安元洋貴  川原慶久  梶裕貴 
  • インディーズレーベル (2012年7月25日発売)
3.85
  • (2)
  • (7)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :30
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・音楽
  • / ISBN・EAN: 4580166731131

感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 正直、あんげんのフミ役にだいぶ馴染めなかった…ファンなのに(笑)。コミックスを読んでいたので、細身の美形なフミの声のイメージとする部分で、あんげんが優しい囁くようなトーンで喋っているのがフミの演技だとしても、違うんじゃないかなぁ、と言う気が拭えなかった。評価のコメントなどを読んでも、原作ファンだと特に、ミスキャストと言う風に捉えかねないな、と言う気がしていて、ファンだからなんでも許すと言う訳にはいかない、と言う気持ちもあった。特にコミックスはビジュアルが先にあるので、ファンの固定観念は小説よりも強いと思う。あんげんの「優しいトーンで太く喋らない演技」と言うのを楽しむと言う方よりも、やはり原作ありきなものなので、原作のフミがストレートにイメージ出来るキャストでも良かったんじゃ…と思ってしまい、傑作フリトは聴くけど、本編は殆どリピらない作品だったのだが、聴く前に1を聴き直して、BLCDの楽しみ方として、声優さんが演技プランとして出したものを純粋に楽しむ、と言う聴き方をすればいいのか、と思ったのは、あんげんのフミが初めてかもしれない。
    「にゃんこにして~❤」の可愛さは破壊力抜群。野太い重低音で怒声を出すあんげんも無論大好きなんだが、声を抑えて徹してたフミは、音声化された『妄想エレキテル』作品のフミの声なんだなぁ、と楽しむ余裕が出てきた(笑)

  • 安元さん、高2ですよ。プリティですよ。

全2件中 1 - 2件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする