ジョン・カーター ブルーレイ(2枚組/デジタルコピー & e-move付き) [Blu-ray]

監督 : アンドリュー・スタントン 
出演 : テイラー・キッチュ  リン・コリンズ  サマンサ・モートン  マーク・ストロング  キーラン・ハインズ 
  • ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2012年8月22日発売)
3.39
  • (2)
  • (13)
  • (15)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 59
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4959241713810

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 映画館で観賞。

  • 最初と最後は良かった。火星人の顔の区別がつかない!(−_−;)

  • まぁまぁ面白かった。

  • わからん。テイラー・キッチュに興味が持てない!

  • アバターや!アバターや!これはアバターや!

  • 王女様がすごく魅力的です。少し褐色にメイクしてるのが、似合い過ぎてる

  • 高いお金を使って製作したらしいけれど時期が悪かった。
    10年前なら面白かったかも

  • あなたにとっての“帰るべき場所”って何ですか?

  • とつぜんジョンが火星に瞬間移動させられてしまい、1つの部族に助けられ、争っている3グループの抗争や結婚騒動に巻き込まれ…
    飛行機の雑誌に書かれていたあらすじが突拍子もなさすぎて笑ってしまいましたが意外と正統なSFっぽい映画だった。

    ワンちゃん(名前は忘れた)がかわいすぎる。あの子の存在がこの映画の独自性を出しているんじゃないでしょうか(笑

    火星っていうと赤を想像するんだけど、最近の映画って「力」の象徴は青であらわされることが多いかも。
    やっぱり青は知的で洗練されたものというイメージがあるのかしら。

  • 面白かったー!これ、ウォルト・ディズニー生誕100年記念の映画で、かなり気合いれて作られてるのに、北米ではあんまり人気でなかったらしい。私的には、大好物だったんだけどなー。正直、最近また作られ始めたスター・ウォーズよりは確実に面白いと思う。
    しかも、これは3部作の1作目なんだとか。まだ、サーンが何者なのか、イシスは一体なにを考えてるのか、そもそも存在してるのか、とか謎は残ってるしね。
    私的には、イシスはサーン軍団に殺された案に一票。あんな性格のねじ曲がった連中なら、やりかねない。下克上やりかねない。
    とにかく、オススメです!

全11件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする