宇宙戦艦ヤマト2199 3 [Blu-ray]

監督 : 出渕裕 
出演 : 菅生隆之  小野大輔  桑島法子 
  • バンダイビジュアル (2012年11月22日発売)
4.17
  • (6)
  • (9)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 72
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4934569354877

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ヤマト第三章。デスラー総統とガミラス首脳部初お目見え。そしてオルタ(ガミロイド)とアナライザー、玲とメルダの絡み。そして地球側から先に戦を仕掛けたとの衝撃的告白。メカ的には10話最後に出てくるゲール艦隊の塗装(迷彩?識別?)が良いな。模型ではアレを再現する方向で

  • 悪い意味ではなく、買ってしまった、というのが素直なところ。やはり、9話がいい。愛、生まれといった「心」一般よりも人間くさい心情を描いた旧作ビーメラ回も印象深い演出(松明の暗い中を一人歩むアナライザー)もあるが、冷静な口調でガミロイドの意識を破壊するアナライザー、まるで涙のように降りかかるオイル、満を持して流れるスキャット。あるいは、人間との境界線に居るであろう真田の乾いた、そして押さえた口調の台詞回し、艦橋展望台に佇むアナライザー、輻輳する関係性を感じ取れる回である。

  • 第7話「太陽圏に別れを告げて」
    http://yamato2199.net/story/story_07.html

    第8話「星に願いを」
    http://yamato2199.net/story/story_08.html

    第9話「時計仕掛けの虜囚」
    http://yamato2199.net/story/story_09.html

    第10話「大宇宙の墓場」
    http://yamato2199.net/story/story_10.html

  • 少しずつ各キャラの性格が描かれてきた感じ。
    クセのある脇役が出始めてきたし、伏線が一杯

    しかし、ガミラス本星人の無能将校をあちこちに見かけたんだが。
    大丈夫なのかガミラス軍?
    デスラー総統配下には有能な人事部門が無いのか、粛清し過ぎで有能な将校が少ないのか。心配になってきた

  • 第九話!

全5件中 1 - 5件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする