DIABOLIK LOVERS (限定版) - PSP

  • アイディアファクトリー (2012年10月11日発売)
  • Sony PSP
4.14
  • (9)
  • (7)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 89
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・ゲーム
  • / ISBN・EAN: 4995857092376

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 一般ゲーでここまでのエロス(笑)を表現したことにまず驚きが。シチュエーションCDをスチル付きで聴き進める感じでEp.の羅列はあれど筋道はありません。今回は楽しめたけどこういう形の乙女ゲーが増えてくるのは困るかも。スバルはよかった。

  • スバルルート以外乙女ゲーと呼べない気がするけど
    スバルで十分すぎるくらい萌えたし、満足です
    攻略ルートの攻略キャラとしては微妙ですが
    キャラ単体ではシュウやアヤトも好きですし、他の兄弟も嫌いではないです
    乙女ゲーやカプとしては萌えれなくてもキャラは濃いんでキャラ萌えは十分に出来るんじゃないかと…

  • 月華やBWSなどリジェ作品は好きなので、ある意味安心?して買いました。
    キ●ガイっぷりに定評のあるリジェクオリティ。

    シナリオは一話区切り形式。
    事前に、ストーリーがないとか、ぶつ切りとかいう感想をちらっと見たので、少し不安でしたが、これくらいなら私的にOKです。
    話のつながりが全くないわけじゃなくて、好感度の段階があるし、ある程度は繋がっています。(どっちから見ても大差ないというイベントも多いですが)
    クリック回数、訪問回数で話が進むとあるゲームを多少思い出しました。

    エンディングは、もうちょっと頑張って欲しかったです。おまけのHEAVENシナリオを含めると、長さは結構あります。
    でもやっぱり、本編とエンディングの間のエピソードがすっぽりとない。
    というか、父親が双方出てこないのがびっくりです。

    システムは、自動セーブが入るので、やり直しや回収が非常に楽です。

    タイトル表示とか、SM度とか、幕間のモノローグとかのスタイルは、月華と全く同じでした。

    ドラマCDからは基本的に入らない派なので、事前にCDとかは買ってません。

    プレイ順はアヤト→カナト→シュウ→スバル→レイジ→ライト

    カナトのキレっぷりにはビクビクしっはなし(*´-ω-)
    そして疲れてきた頃に、スバルでようやく胸キュンを思い出せました。
    三つ子が怖すぎて、他も大概酷いのに、マシに見えてきます。

  • 発売前からの話題作でしたので、
    とても期待していた作品です。

    カナトルートしかまだプレイできていませんが、、、、
    ここまでに感じたのはひとつひとつのエピソードがとても濃厚だということです。お話が、ショートストーリー風に区切られているのですが、どのエピソードも、満足すること間違いなしな内容です。
    ひとつひとつのエピソードが短いので、飽きることなくサクサクプレイすることができました。
    イラストもとても綺麗ですし、声優も豪華な方々ですのでオススメです。

    ただ、ひとつのエピソードが短いので、そこで話を区切るの?というもどかしいところも何点かありました。
    あともう一つ言うなら、サクサクプレイできすぎてゲームとしてのボリュームがあまりないように少し感じてしまいますね。

    でも、お話がダラダラと無駄に続いてしまって飽きてしまうゲームも多いですし、そういったゲームよりはプレイしやすいゲームだと思います。

  • 予約済み

全6件中 1 - 6件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

DIABOLIK LOVERS (限定版) - PSPを本棚に登録しているひと

ツイートする