キングダムズ オブ アマラー:レコニング - PS3

  • スパイク・チュンソフト (2012年9月20日発売)
  • PlayStation 3
4.08
  • (3)
  • (8)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 33
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・ゲーム
  • / ISBN・EAN: 4940261510237

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • キャラの顔がとにかく全員ゴリラだけどファンタジーで殺伐も入り交じる世界観をDLC含めじっくり楽しめた。キャラの顔はゴリラなのでときめき要素は皆無だったものの人物像もしっかり出来上がっているし、続編が出るなら絶対買う。
    アクションRPGではあるものの、難易度は特別高くなく詰まることはなかった。全体的に落ち着いた色味というか良くも悪くも現実的な色合いの多い洋ゲーが多い中、ドギツいくらい緑の草や花が咲いているのは、そういうのが好きな私にとってとても嬉しかったので今後もそうあってほしい。

  • 戦闘がとても面白かったです。
    ただ、後半レビューレベルがカンストしてしまうのと、同じようなクエストになって単調になってしまいます。

  • 触りの段階では余り面白いとは思わなかった。あらゆるシステムに既視感があって地味で、ビジュアルは古臭いわ、見慣れない用語がバンバン出てきて会話は理解しづらいわで、失敗したかなと思いかけていた。

    それでも進めていくうちに緩やかに面白く感じられるようになっていって、結局約130時間、殆どやり尽くすほど遊んでしまった。世界観に慣れ、アビリティも増えてきた辺りから面白くなってきたように思う。

    コミック風のビジュアルが最初は苦手だったものの、エリアごとにガラッと景観が変わる世界観や派手なアクションは、実写風のファンタジーでは味わえない良さだと思うので、これはこれで良かった。

    山のように存在するサブクエストが、量の割に質もしっかりしてるのが凄い。あっさりしたおつかいも多いが、凝った展開のものも多い。メインクエストが王道で熱い物語なのに対して、サブクエストでは洋ゲーお得意の煮え切らない微妙な後味の話も楽しめる。

    バグが結構あったりして不満もあるが、それを上回る良さがあった。突出した部分は無いものの高水準で纏まっているし、腹一杯になっても更に口に詰め込んでくるようなボリューム感は最近の据え置きゲーでは少ないように思う。

    マルチプレイ全盛期にシングルプレイだけでこれだけ遊ばせてくれるゲームは貴重なので、是非続編を…と思ったが、続編の構想を残したまま、開発会社が潰れてしまったらしい…無念

全3件中 1 - 3件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする