【初回限定生産】一枚のめぐり逢い ブルーレイ&DVDセット (2枚組) [Blu-ray]

監督 : スコット・ヒックス 
出演 : ザック・エフロン  テイラー・シリング  ブライス・ダナー  ライリー・トーマス・スチュワート  ジェイ・R・ファーガソン 
  • ワーナー・ホーム・ビデオ (2012年10月10日発売)
3.00
  • (3)
  • (8)
  • (24)
  • (12)
  • (1)
本棚登録 : 90
レビュー : 21
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988135946652

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ただただ、ザックエフロンがかっこいい。
    犬と戯れているところとか、子どもと教会で演奏しているところとか、じーんとしました。あんな父親すてき。
    ストーリーは微妙でしたが、ブルーの瞳のザックエフロンにきゅんきゅん。

  • ローガン(ザック・エフロン)の瞳がとても綺麗だなとほれぼれ。
    寡黙な青年役なので、なおさら瞳の美しさが引き立つ気がした。

    元旦那が救いようないクズっぷり。
    でも、殺さなくてもよかったと思う。
    これじゃあ、こどもが救われない。

  • 失う痛みは失ったひとにしかわからないんだよね

  • 途中から見たから話に乗り切れなかったのかなあ?
    ザックは目がきれいでとてもかわいかった。かわいすぎてこの寡黙な陰のある役があってないんじゃないのかなあ。
    女性はイマイチ美しくないおばちゃんに見えた。
    ストーリーもできすぎていて中途半端に臭い。臭いならトワイライトぐらい思いっきり臭くすれば許せるんだけど。
    小説で読むならまだしも、映画となると陳腐だった。

  • 海外旅行に行った時機内でやってたので見た映画。

    洋画はいつも字幕で見るのだけど、字幕がなかったのでしぶしぶ吹き替えで見たのですが主人公なんかかっこいいなと思ったら細谷佳正だった。好きだー!

    とまあそれは置いておいて筋肉フェチとしては主人公の一挙一動見てるだけでも十分ハッスルしました。寡黙な筋肉って最高じゃないですか。
    筋肉と大型犬って素晴らしい組み合わせ!

    いやまあラブロマンスとしてはよかったのかもしれないけど最後彼殺すことなかったんじゃない!?というのが引っかかってどうにも手放しに「よかった!」とはいえない…笑
    クズなら根っからのクズとして描いてくれればいいのに!笑

  • ザックくん・犬・自然のコラボが良いー♡

  • 寂しげな表情のザック・エフロンに、ただただうっとり。「ヘアスプレー」から5年、見違えるほど逞しい大人になったー!
    こいつには欠点はないのか!というほどのキャラクター(挑発に乗らない冷静さ、引き際の潔さ、とか、あり得ないほどかっこいい)を、深い青の瞳のザックに演られたら、誰でもひれ伏すわ。
    風景も凄く美しかった。いやあ、いいものを見させていただきました!

  • ザック・エフロンにつられて観た。すぐに引き込まれて目が離せなくなった。

    が、ヒロインの元夫があまりにも出来すぎた憎まれ役なので、ちょっと興ざめ。

    また、ニコラス・スパークス原作ということで、最後に誰かが死ぬとわかっていたので、それが気になって仕方なかった。

    結局、先細りだったかな。
    ザックにヒゲは似合わないと思う。

  • 「一枚の写真が、二人を出逢わせ、愛を揺さぶる。」


    惜しい!
    キャストも良かったし、戦場で偶然拾った一枚の写真からはじまるラブストーリー、といったつかみは良いと思うんですが。
    今ひとつ盛り上がりに欠けるというか。

    途中から、元旦那が、これは死んでくれないと上手くまとまらないんじゃとしか思えない扱いで、案の定、ちょっと不憫でした。子どももね。
    教会での演奏シーンで涙ぐむ元旦那が一番印象的だったかも。

    兄のエピソードがもっと欲しかったかなぁ。
    こういう男くさいザック・エフロン、かっこいいですね。

  • 偶然、テレビをつけたら始まったので鑑賞した作品。
    ヒューマンドラマと思って観ていたら、かなりのラブロマンスでした。
    しかも、結構なびっくりストーリー。
    (ストーリー展開は誰もが予想出来るものなのですが、何というか内容がびっくりなストーリー)
    ただ、風景がとても綺麗で好印象。
    自然の色味が個人的に好きな色合いで撮られていたので、印象に残った一本。

全21件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする