マルホランド・ドライブ [DVD]

監督 : デイヴィッド・リンチ 
出演 : ナオミ・ワッツ  ローラー・エレナ・ハリング  ジャスティン・セロウ  アン・ミラー  ロバート・フォスター 
  • ポニーキャニオン (2012年10月1日発売)
4.28
  • (23)
  • (5)
  • (4)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 86
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988013210967

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2015/8/30

  • 時間は脳が管理しているのでは?と俺は思っている。こんな映画を観ると特にそう思うなぁ。そんな風に観たらわかりやすい映画に思う。とても面白かった。深夜の安いバーで刺青の好青年がリンチについて語り始めたのがきっかけで観た。彼に好かれたいと思ったわけではないのだがリンチを観る時が来たと思ったんでツインピークスも観てるよ。

  • 大分以前、ブルーベルベットを観た時も
    消化不良感があった。
    今作も、初め素直に観てたら、
    なんだこれ?的な終わり方をしてしまった。
    そのまま見終えるのも癪だったので
    理解できるまで繰り返し観た。

    描こうとしている事が理解できると、
    この映画の凄さが分かる。
    こうした、視聴者に内容を把握するための
    努力をさせようとする映画は他にもあるけど、
    大概は解釈をこちらに委ねて終わるものが多い。
    でもこの作品は明確な解釈ができるように
    なっていて、多くのヒントが用意されていた。

  • 初見。ロストハイウェイを見たことがあったので見やすかった
    楽しみにしてたが
    想像以上にすごかった!!!
    凄いとしか言えない!!
    Mr.リンチ、尊敬です。

  • 何回か見ないと理解出来ない映画。いや・・・ヘタすりゃ理解出来ないかもしれない。この世界観はリンチでしか作れないな。スゴい。が万人にはオススメ出来ない

  • リアルはリアルを越えたところにある。

    ロスという陽のあたる街で

    こんなに密で
    細やかなヒダを描けるなんて!!

    頭ではなく
    身体をあずけるべくフィルム。

    リズムとともに
    体が揺れるように

    アルコールを口に含めば
    酔っ払うように

    流れるがまま
    抗わない。

    泣いたらいいし
    求めたらいい。

    DJリンチのミキシングに
    全てゆだねて

    感情のパンドラを開放しよう

  • 大好きなデヴィットリンチの
    大好きな本作。

    サスペンス映画はここまで難解でここまで芸術的でなければ
    もう観たくないです。


    とにかく暗闇の迷路にあっという間に引きずり込まれます。
    そして恍惚とした表情でどこまでも闇を彷徨いたくなる快感がこの映画には確かに存在します。

全8件中 1 - 8件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする