クリスマスのその夜に [DVD]

監督 : ベント・ハーメル 
出演 : トロン・ファウサ・アウルヴォーグ  フリチョフ・ソーハイム  ニーナ・アンドレセン=ボールド 
  • 角川書店 (2012年11月15日発売)
3.11
  • (2)
  • (13)
  • (29)
  • (9)
  • (1)
本棚登録 : 151
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988111242990

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 請求記号:13D066(館内視聴のみ)

  • クリスマスの夜を舞台に、
    色々な人のオムニバス。

    ひとつひとつに特に繋がりもないし、
    クリスマスにちなんだ感じもない。
    全体的にスローな感じで、ちょい暗い。

    だら〜としたドラマ好き向け。
    感動も驚きもないし。

  • 特別な日でもあり、日常でもあり。
    人生って本当に多種多様で人それぞれ。

  • はしゃがない、愛を伝えない、
    そんなクリスマスでもいいじゃない。

  • エンディング曲がよい

  • ノルウェーの小さな町での聖夜における群像劇。
    一番最初に持ってきた物騒なエピソードが投げっぱなしで話が進んでいき、忘れていたところでまさかのラスト回収。この話が浮いちゃうくらい異質だったけど、他は感動させすぎない程よい話や、リアルで苦々しい話などで、『ラブ・アクチュアリー』の感じを想像して観たんだけど、あそこまでほっこりする話ばかりじゃない。
    そんな中で自分はお医者さんのエピソードが良かった。

    3.4点

  • 2014年8月30日(土)、鑑賞。

  • クリスマスの日に誰とどこで過ごしたいのか見ているうちに自然と考えてました。

  • クリスマスに起こった出来事をオムニバス的に語る。

    でも1つ1つのエピソードにパンチがなくて、1つも覚えてはいない。

    RMKで見た残念映画!

  • この作品はノルウェーの映画。
    はじめは、様々な人物の話から始まる。鑑賞していて、よくわからない話に思えたが最後で全てが結びついてなるほどって思った。
    クリスマスの過ごし方は様々である。ただ単なる日常の人もいる。
    そこに小さな幸せがみなそれぞれあるんだと思った。
    エンディング曲が特に良かった。

全17件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする