「アラタなるセカイ」コンプリートBOX(Blu-ray Disc)

監督 : 立川 譲 
  • アニプレックス (2012年10月20日発売)
3.38
  • (1)
  • (3)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 31
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4534530057747

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 大岩先生のコミック版に期待しすぎていた自分が悪かったのか…?
    アニメは良い出来で素敵でした。悲観的でなくて退廃的でセカイ系。久々に引っ張りだしてもう一回観ようかな。

    規定のパッケージ商品だからこれで完結。
    どれも尺不足が否めない…。
    別々にシリーズ展開して、普通に続刊というのは難しかったんでしょうか。
    難しいんでしょうね…。

  • コンプリートBOXの上から順番に進めていきました。
    今は余韻を楽しんでCDを聴きながらこのレビューを書いてます。

    冊子に入間のコメントで「高くてごめんね」で笑って
    「餅は餅屋」というコメントも観終わって、納得。
    それでも凄い。
    高いと言ったけど、価値はありました。
    普段こういうのを買わないのでレジに行くのに躊躇したけど(笑)

    映画館のシーンは感動的。
    アラタのバカだけど、特別だけど
    言葉の真意が分からなくてちょっとだけ考察して
    最終的には楽観的なところが魅力的だなと思いました!

  • “「あ、ところでさ。えあほっけってなにか知ってる?」
    一応、これはデート、らしいし。ホンサン推薦のえあほっけぐらいはやっておくべきだろう。
    左京山は未来人らしいし、知っているかなぁと期待して尋ねてみたけど。
    また俯いて、動こうとしない。
    「左京山?」
    呼びかけると、泣くのかと思ったけど、いきなりめっちゃくちゃ大口を開けて笑いだした。
    仰け反って、喉を張りつめるようにしてひぃひぃと肩を揺すっている。
    ふむ。
    未来人をここまで笑わせるということに、我ながらセンスの先鋭さを感じざるを得ない。
    脱線しない程度のコメディ要素も所々に入れていくべきだ。
    自信が張り、今ならどんな映像も文に書き起こせる気がする。
    バカ笑いがあまりに止まないことは若干引っかかるが、これで方向性は定まった。
    もうペン先は迷わない。
    力強く握って、ノートの新しいページにその題名を書きこむ。
    滅び行く町を舞台にした、映画を撮ろう。”[P.157]

    現在編:電撃入間文庫
    過去編:角川コミックス
    未来編:Blu-ray Disc & DVD

    まだうまく整理がついてない部分も自分のなかに有るけれど。
    面白かった。未来編の最後は泣いて、アラタの書いた未来編のプロットの最後でまた泣いた。
    何編から読み始めるかでまた感じ方も変わるのだろう。少し忘れた頃に違う読み方がしたい。

    http://www.aratanarusekai.com/

    “それをぼぅっと眺めていると途中、大きな文字が映る。
    最後に呟いたメッセージ、「きみのためにぼくが生きられるよう、祈っていてくれ」がデカデカと映って、眠そうな桐島の目が開く。
    それを見て、なにか言いそうに唇が開くが、結局なにも言わないで満足そうに目を瞑る。
    そんな感じで終わればいいんじゃないかな。”[P.226]



    ハイパーイルマ大戦 入間人間 電撃入間文庫
    アニメイトオンラインショップで購入時の特典
    絵は既存

    PCで読むのがどうも苦手で。
    紙媒体、ここで初読み。まだ読めてない作品の人もでてるけど。面白い。

    “それから、なぜかさっきから得意顔になっている女々たんから目を逸らす。遠くの席では屠殺後の牛みたいな、死んだ目玉をした青年が女に囲まれてわいわいやっている。隣に巨乳の幼い感じな女の子を座らせて、反対側には癖毛の小さな子が不機嫌そうにしながらも座っている。向かい側にはパジャマの上に白衣を着たネーチャンと、頭にかんざしを挿した若々しい女まで同席している。なにあれ。人生の勝利者があんなところにいるよ。
    というかあの青年、湯女りんにそっくりなんだけど。双子のお兄さんかなにか?”

  • 入間人間氏デビュー5周年記念作品。
    小説(執筆)×マンガ(原作)×アニメ(原作・脚本)×音楽(作詞)、いろいろお疲れ様でした。

    過去編のボリュームが少なかったのが残念。
    絵柄も本人のインタビューにあった通り、最初と比べて後半は激変。
    統一してほしかった。

    桐島かっこいい。
    未来編のラスト、少し希望がみえた。
    左京山、大好きです。
    彼の口からロケットの謎を明かしてほしかった。

    特定店舗の購入特典あり。

  • 観るよ、勿論

    さて、今回はどうでてくるかなー
    楽しみすぎる

全5件中 1 - 5件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする