GOSICK IV ──ゴシック・愚者を代弁せよ── (角川文庫) [Kindle]

著者 :
  • KADOKAWA
3.89
  • (2)
  • (4)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 39
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (297ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 初巻からミステリともファンタジーとも微妙な年代設定だなと感じながら読んでいましたが、本書でやっとその理由が明かされスッキリ。
    史実の時代背景を多く利用した舞台設定となっていますが、その史実部分を思ったよりも丁寧に物語に絡めていると感じられる部分が有り好感でした。
    また肝心なミステリ部分も、途中まで焦点がぼやけて分かり辛い、トリックが同じものを使ったケイゾクの方がリアルという難点はあったものの、無理に技巧に走らず時代背景をうまく利用した落とし方はすんなりと受け入れる事が出来こちらも好感。
    予想を上回る一作でした。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

桜庭 一樹(さくらば かずき)
1971年、島根県生まれの小説家。
1999年「夜空に、満点の星」で第1回ファミ通エンタテインメント大賞小説部門佳作を受賞しデビュー。
『赤朽葉家の伝説』で第60回日本推理作家協会賞(長編及び連作短編部門)、『私の男』で直木賞を受賞。他の代表作に『GOSICK -ゴシック-』『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』『赤朽葉家の伝説』などがある。
ゲームのノベライズやライトノベル作品や、山田桜丸名義でゲームシナリオを手がけるなど幅広く活躍している。

GOSICK IV ──ゴシック・愚者を代弁せよ── (角川文庫)のその他の作品

桜庭一樹の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする