戦闘妖精雪風 Blu-ray Disc Box (スタンダード版)

監督 : 大倉雅彦 
出演 : 堺雅人  中田譲治  池田昌子 
  • バンダイビジュアル (2012年12月21日発売)
5.00
  • (6)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4934569356451

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【飛行機を見るだけで幸せになれる傑作アニメ】

    最近はめっきり涼しくなって過ごしやすくなりましたねぇ~!!
    空を見上げれば碧い空が広がって・・・子供の頃、パイロットに
    なりたかった思いがまた沸々と(笑)

    えへへ・・・そんなライトな導入から今回のおススメに行っちゃい
    ましょっ!!

    2002年に発売されたOVA(TV放送ではなく販売が目的のオリジナル
    アニメ)の傑作、『戦闘妖精雪風』です!!

    この作品、何が凄いって・・・とにかく劇中の飛行シーンが美し
    すぎるっ!!
    百聞は一見にしかずでまずは先入観無しにOPを見てくださいな!!

    【Youtube ”オープニング”】
    http://www.youtube.com/watch?v=UXUWHWTgcgA

    7秒からの盛り上がり感が良い感じだし、31秒からのメイヴ
    (雪風)の動きが超リアルッ!!

    旋回体勢にある機体は通常、作画の手間を省くためにスムーズな
    カーブで描かれる事が多いんだけど、実際は機体を下に引っ張る
    重力と主翼とエンジンの推力によって得た揚力、そして気流の
    バランスのせめぎ合いで微妙なピッチやロールが発生し、小刻み
    に震えてるってのが多いんだよね。

    そんなリアルなとこまで描写してある本作を見ちゃうと・・・
    うわぁぁぁって鳥肌が立っちゃう!!

    でも女性にはその凄さはまったく理解されなかったりして・・・
    なので逆の意味で、うわぁぁぁってなっちゃうかも(笑)

    それにしても本作に出てくる機体のデザインが素晴らしい!!
    まずはこのHPを見てみて!!

    【戦闘妖精雪風HP ”機体一覧”】
    http://www.faf.jp/faf_mecha.html

    どの機体も惚れ惚れしちゃうくらい格好いい!!
    双座のスーパーシルフも、ファーンⅡも良いけどやっぱりダン
    トツは雪風であるメイヴで・・・
    現実にあるグラマン社製のX-29にも似た先鋭的で極端な前進翼!!

    実際はあの推力では空気の抵抗と主翼の揚力により、現代の
    最新素材でも負けてしまうので作るのは厳しいけど・・・
    何時間でも見とれてしまうほどの素晴らしいデザインだよねっ!!
    ↑えへへ・・・マニアック発言(笑)

    そんな前進翼の特異性って後退翼に比べるとカナード翼(前部に
    ついた小さな翼)を採用しても極端に安定性が低く・・・
    大げさな事を言ちゃうとスティックをほんの数ミリ動かしただけ
    で急旋回しちゃう・・・なんて事も起こるのです(驚)

    メイヴってそんな特性から旋回を重視したドッグファイトメイン
    の純粋な戦闘機なんですよね~。
    なので本作でもクルクルクルクルと画面いっぱいに激しくちょこ
    まかと動き回ります(笑)

    【Youtube ”第四話コンバットシーン”】
    http://www.youtube.com/watch?v=XXadee4y5PQ

    ねっ、あんなにいきなり失速させたら現代の技術では機体はバラ
    バラになっちゃうけど劇中では全く問題なしっ!!
    それよりも深井とブッカーは全く大丈夫なのかが不思議だったり
    して??

    あはは・・・またマニアックなことで熱くなっちゃった(笑)

    それで、コンバットシーンをご覧になられた方は主役の深井の声
    ってどこかで聞いたことがありませんか??
    実は菅野美穂さんと結婚された堺雅人さんが担当しているのです!!

    正直、俳優さんがアニメで声を当てると”ハウルの動く城”の
    ように大失敗・・・なんてのもあるのですが??
    本作はキャラと雰囲気がマッチしてて違和感が無いのも凄いっ!!

    一応、内容として・・・
    突如、南極大陸に現れた”竜の巣”・・・じゃなかった!!
    雲から現れたジャムと呼ばれる正体不明のエイリアンが地球に侵攻
    人類はジャムを撃退し、敵母星である惑星フェアリーに逆に侵攻し
    と、ここまでが本作の前振りで・・・
    後は皆さんの素晴らしいレビューを読んでねっ(笑)

    まあ、話を詰め込んであるので皆さんの言われるように脚本は
    物足りない感じがするし、ホモっぽいキャラの動きも何だけど、
    それでも最高に面白い作品であることは確かですよ!!

    結局、敵であるジャムって何だったんだろうね??
    やっぱりその名の通り”ジャム”ってオチなのかな(笑)

    私見ですが本作は彼女の反応から問題シーンは無いけれど女性には
    絶対におススメしません!!

    ですが男性なら小学生から最高に楽しめること間違いなしっ!!
    プラモデルで自分なりのメイヴを作ることができるしね(笑)

    あっ、エンディングは敢えてスルーしますっ!!
    良い曲なんだけどね(笑)

    一人は画面に釘付け、もう一人は欠伸をしながら雑誌を読み、
    時折、見ている振りを装っていた・・・むう達でした!!

  • Blu-rayボックスが安価だったので購入。
    DVD版と較べて観てみたところ、画質と音は元からクオリティが高かったのもあって目立って向上しているわけじゃないけど、ディスクを変える回数が少なくて済むのは嬉しい。

    ストーリーについては、原作を下敷きにした別物として見るべき。
    単体の作品として観ると満足度はかなり高くて、今でも定期的に観たくなる作品です。

    地球の技術の延長線上にあるスーパーシルフの硬質なデザイン、フェアリイ星で異星体ジャムと戦うという極限状況を前提として生まれたメイヴの有機的なデザイン。
    それが幻想的なフェアリイの空を舞う美しさ。
    ラピッドな空戦の迫力は今でも目が釘付けになる。

    ピアノに打ち込みを重ねた三柴理のBGMは、まるで零と雪風という二つの知性体の交流を表現しているみたい。
    あまりに好きなので、サントラを今でもよく聴く。

    特典DISCに収録されている「YUKIKAZE EXPERIMENTAL MOVIE」については、実現しなかった新企画の先行ムービーということらしい。
    最新の技術で描かれる雪風の姿を是非観てみたかった。残念。

  • どーしてもブルーレイで見たかったんだよ。

    内容は気にしないとして(笑
    映像と音は妥協無しの逸品でしょ。

  • Google Car位で済んでいたらいいけど、Google plane, Google tank、Google Gundum(笑)とかいつか汎用されてしまうのだろうか?
    キルドルみたいな人類だけは出てきて欲しくない。。

  • とりあえず1巻観終わった。
    ・れ、零さんがつねに、捨てられた子犬みたいに傷ついた顔してるんですけど…あわわ…
    (そしてそこにマッチしてしまう堺ボイス…)
    ・ブッカー少佐、零のこと好きすぎじゃあ…
    ・話めっちゃ端折られてて展開早くて、まさかの小説1巻のラストまで行くとは…

全5件中 1 - 5件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする