天地明察 下 (角川文庫) [Kindle]

著者 :
  • KADOKAWA / 角川書店
4.11
  • (53)
  • (51)
  • (28)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 340
レビュー : 37
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (290ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 大和暦を確立するまでの紆余曲折が明確な筆致で描かれていて、ぐいぐい引き込まれてしまう。天文学全般だけではなく、人との係わり合いや死との向き合い方も明察でぐっとくるものがあった。

  • 800年もの歴史ある暦を変える、その壮大さは、現今の“改革”のお題目のみに終始し、たかだか明治以来の官僚制度や戦後の憲法すら変革できない政治を考えると、まさに偉業なんだろう。
    その偉業達成のクライマックスに向けて物語の速度が上がりあっという間に読み終わった。
    最後はちょっとあっさり、というかもうちょっと浸りたい気持ちが残ったかな。

  • 徳川四代将軍・家綱の時代に、日本独自の暦を作る大役に指名された渋川春海。碁打ちの名門に生まれるも算術に生き甲斐を感じるような男が、いかに日本の新しい暦を作っていったのか、その苦闘を綴った物語。本屋大賞受賞作がこの値段で買えるのなら、と飛びついた。
    ただ、正直言って、期待が大きかった分、落胆も大きかった。下巻は書き急いだ感が強く出ていて、クライマックス感が薄くなっている。また、「よもやこの時は思っていなかった」とか「これが実は悲劇の始まりだった」という次章への予告で終わる章が多く、せっかくの作品を安っぽく見せてしまっているのも残念。
    ネタもストーリー展開も十分面白いのだから、もう少し丁寧に構成すればもっと味のある小説になったと思う。

  • -

  • 新しい暦を作成するのに(結果的に)人生をかけた晴海。長い年月をかけてひとつのことをやり遂げる姿は格好いい。今時は流行らない生き方なのかもしれないけれど、人生で何かを残す生き方は見習わなければならない。自分はどうかなあ。人の生きざまを知る本であると同時に、暦のすごさを確認できる。自分の日常生活にはあまり関係ないけど、神宮暦とか欲しくなってきた。また、本書は江戸時代の物語だが、明治維新後にも太陰暦から太陽暦に変わった時があったのだから、その時代をモチーフにした小説があったら読んでみたい。きっとその時代の苦労や思惑があったに違いないと想像している。

  • すごく主人公に感情移入できるというか、グッと来る場面が〈上〉の後半から多く、〈下〉巻も良かった。

    春海のやった事も大事だが、周りの人の在り方がとても良い雰囲気の本だった。

  • 安井算哲の生涯を描くうえで,下巻というからには多くの死が待っているのだろうと覚悟していたが,やはりそうだった.
    下巻は,真に日本の暦を作るために奮闘する.大きな挫折も経験するなかで,一歩ずつ,着実に,碁の定石がごとく布陣を敷いていくさまは痛快なものがある.

    なにより,算哲ら登場人物の個性豊かさ,人物像のあたたかみも魅力的に映った.光圀や酒井,関,そして2人の妻である こと と えん.皆々素晴らしい人たちで,大いに魅了させられた.

  • 多くの人に知って欲しい話だ。

  • 2014/4/29 Kindleで読了、【2014年-18冊目】実在した江戸時代の天文暦学者「安井算哲」の史実を元にした歴史小説。映画化もされて以前から気になっていた小説。普段何気なく使っている暦に、こんな歴史と苦労があったとは知らなかった。囲碁、算術、天文暦など、江戸時代の状況もよくわかり、歴史の勉強にもなった。ただ、物語の最後の方は駆け足で様々なエピソードを盛り込み過ぎた感があり、少し残念だった。映画もDVDを借りて観てみたい。

  • やはり、関さんとえんさん絡みありましたね!碁打ちらしく、外堀をしっかりと埋めながら、用意周到に大和歴を採用させるあたりが春海らしかった。後半は上巻から出ていた主要なメンバーが次々といなくなり、一時代の終わりを予感させつつ、えんと春海が亡くなったところで終わり。伝記小説のようでした。

全37件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

冲方丁(うぶかたとう)
1977年、岐阜県生まれ。4歳から9歳までシンガポール、10歳から14歳までネパールで過ごす。早稲田大学第一文学部中退。小説のみならずメディアを限定せず幅広く活動を展開する。
『マルドゥック・スクランブル』で日本SF大賞、『天地明察』で吉川英治文学新人賞、本屋大賞、北東文芸賞を受賞し、第143回直木賞にノミネートされた。『光圀伝』で第3回山田風太郎賞受賞。
代表作となる『天地明察』は2011年にコミック化、そして2012年に岡田准一主演で映画化されヒット作となる。2019年1月、『十二人の死にたい子どもたち』が堤幸彦監督により映画化。

天地明察 下 (角川文庫)のその他の作品

冲方丁の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

外部サイトの商品情報・レビュー

天地明察 下 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする