Another (上) Another (角川文庫) [Kindle]

著者 : 綾辻行人
  • KADOKAWA / 角川書店 (2011年12月25日発売)
3.59
  • (7)
  • (12)
  • (9)
  • (6)
  • (0)
  • 本棚登録 :125
  • レビュー :10
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (402ページ)

Another (上) Another (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 感想は下巻にまとめます。

  • 正直、上巻三分の二はイラついた展開。
    なんかね~思わせぶりなセリフ・言い回しばかりで…(;^◇^;)ゝ
    雰囲気出だけで話が進まない…進まない。
    そして主人公の恒一が他の人の話聞かず
    自分の思うまま行動するからなんだけど…。
    クラスメイト(男子)よりミサキ(女子)の方が優先なんだな?
    まぁ~自分の気持ちに正直って言えば正直なんだけど(笑)
    だけど、この思わせぶりな雰囲気の正体が分かってから俄然、面白くなった!! 
    後半楽しみヾ(≧▽≦)ノ

  • サイコ系かと思ったら超常系でした。
    アニメ化しているのか。。

  • 20141108
    久々に綾辻行人。
    面白かった。
    ホラーミステリで、呪いそのものが、現象であって、それを解決するものではないってことはわかった。
    しかし、主人公は鳴に一目惚れしたとして、行動が唐突な感じ。
    行動力あるんだね的な?
    それ以外は楽しい。
    でもだんだんと鳴が打ち解けてきて、まぁ、良かったんだろうと。笑

  • この作者ならではの殺人鬼ストーリーです。やはりはまって、上下巻をあっと言う間に読みました。

  • 続きが気になってそのまま読み通してしまった本もそうない。
    小説だと初めてな気がする。

  • 流行に乗って!貸して読ませて頂きました。身近なテーマを取り上げた特殊設定とスピーディな展開が最近の推理小説なのでしょうか。読みやすかったです。

  • 感想はまとめて下巻に。

  • 久々に読んだ小説です。
    上下巻とも、一気に読み終わりました。
    Kindle版ではなく、他の電子書籍です。

  • 夜見山町にある夜見山北中学3年3組には、呪われた伝説があるらしい。そのクラスに5月に加わった榊原恒一が、入院中の病院で見かけた不思議な少女見崎鳴(ミサキ・メイ)とともに謎めいた伝説に巻き込まれていく。
    ゴシックホラーサスペンスというような雰囲気で、一気に読んでしまった。

全10件中 1 - 10件を表示

Another (上) Another (角川文庫)のその他の作品

綾辻行人の作品

Another (上) Another (角川文庫)に関連する談話室の質問

Another (上) Another (角川文庫)はこんな電子書籍です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする