国家の品格 (新潮新書) [Kindle]

著者 :
  • 新潮社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (191ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ・人間にとって最も重要なことの多くが論理的に説明できない。もし、人間にとって最も重要なことが、すべて論理で説明できるならば、論理だけを教えていれば事足りそうだがそうではない。論理は世界をカバーしない。

    ・会津藩の藩校日新館の「什の掟」の最後に「ならぬことはならぬもの」と結ばれる。要するにこれは「問答無用」「いけないことはいけない」と言っている。すべてを論理で説明しようとすることはできない。だからこそ「ならぬことはならぬもの」と、価値観を押し付けた。重要なことは、親や先生が幼いうちから押し付けよ。たいていの場合、説明など不要。

    ・論理には出発点Aが必要。このAは論理的帰結ではなく常に仮説。そしてこの仮説を選ぶのは論理ではなく、主にそれを選ぶ人の情緒。宗教的情緒をも含めた広い意味の情緒。情緒とは、論理以前のその人の総合力。その人がどういう親に育てられたか、どのような先生や友達に出会ってきたか、どのような小説や詩歌を読んで涙を流したか、どのような恋愛、失恋、片思いを経験してきたか。どのような悲しい別れに出会ってきたか。こういう諸々のことがすべてあわさって、その人の情緒力を形成し、論理の出発点Aを選ばせている。

    ・政府も官僚も「識者」と称する人たちも、戦後60年もたち、論理的に説明できることだけを教えるという教育を受けた人ばかりになってしまった。論理が通ることは脳に快いから、人々はこのようにすぐに理解できる論理、すなわちワンステップやツーステップの論理にとびついてしまう。従ってことの本質に達しない。ワンステップやツーステップの論理の跳梁が世界中がこれに冒されている。

    ・我が国では差別に対して対抗軸を立てず惻隠(=弱者・敗者・虐げられた者への思いやり)をもって応じた。惻隠こそ武士道精神の中軸。

    ・論理とか合理を否定してはならないが、それだけでは人間はやっていけない。何かを付加しなければならない。その付加すべきもの、論理の出発点を正しく選ぶために必要なもの、それが日本人の持つ美しい情緒や形である。論理とか合理を「剛」とするならば、情緒とか形は「柔」。

    ・他国のことはどうでもいいから自国の国益のみを追求するあさましい思想「ナショナリズム」は不潔な考え方。一方、私の言う「祖国愛」は、自国の文化、伝統、自然、そういったものをこよなく愛すること=パトリオティズムに近い。これは美しい情緒で、世界中の国民が絶対持っているべきもの。

    ・美的感受性や日本的情緒を育むとともに、人間には一定の精神の形が必要。こうした情緒を育む精神の形として武士道精神を復活すべき。慈愛、誠実、忍耐、正義、勇気、惻隠(=他人の不幸への敏感さ)、名誉、恥の意識も盛り込まれている。

    ・卑怯を憎む心をきちんと育てないといけない。法律のどこを見ても「卑怯なことはいけない」と書いていない。だからこそ重要。

    ・美しい情緒が重要な理由は、情緒が真の国際人を育てるから。ここでいう国際人とは、世界に出て、人間として敬意を表されるような人のこと。

    ・情緒力は蓄積しない。人間としての賢さとか情緒力は一代限り。

    ・欧米人の精神構造は「対立」に基づいている。彼らにとって自然は、人間の幸福のために征服すべき対象であり、他の宗教や異質な価値観は排除すべきもの。これに反して、日本人にとって自然は神であり、人間はその一部として一体化している。この自然観の違いが、欧米人と日本人の間に本質的差異をつくっている。精神に「対立」が宿る限り、戦争をはじめとする争いは絶え間なく続く。日本人の美しい情緒の源にある「自然の調和」も、戦争廃絶という人類の悲願への鍵となるもの。

    ・天才を生む土壌には「美の存在」「跪く心」「精神性を尊ぶ風土」の3つの共通点がある。

    ・よく政治家が「日本はもっと普通の国になるべきだ」などというが、その普通の国が意味するのはたいていの場合「アメリカみたいな国」に過ぎない。日本は有史以来ずっと「異常な国」。これからも「異常な国」であり続けるべき。

    ・品格ある国家の指標は「独立不羈」「高い道徳」「美しい田園」「天才の排出」。日本人一人一人が美しい情緒と形を身につけ、品格ある国家を保つことは、日本人として生まれた真の意味であり、人類の責務。

  •  有名な数学者による随筆。いまさら読む。

    【メモ】
    ・この本がバカ売れし、『品格』が書名に溢れていた(という、小学生時代の記憶)。


    【版元】
    シリーズ名 新潮新書
    発行形態 新書、電子書籍
    判型 新書
    頁数 191ページ
    ISBN 978-4-10-610141-0
    C-CODE 0231
    整理番号 141
    定価 734円

    すべての日本人に誇りと自信を与える画期的日本論!
    日本は世界で唯一の「情緒と形の文明」である。国際化という名のアメリカ化に踊らされてきた日本人は、この誇るべき「国柄」を長らく忘れてきた。「論理」と「合理性」頼みの「改革」では、社会の荒廃を食い止めることはできない。いま日本に必要なのは、論理よりも情緒、英語よりも国語、民主主義よりも武士道精神であり、「国家の品格」を取り戻すことである。すべての日本人に誇りと自信を与える画期的提言。
    http://www.shinchosha.co.jp/sp/book/610141/


    【目次】
    はじめに

    第一章 近代的合理精神の限界 
    すべての先進国で社会の荒廃が進行している。
    その原因は、近代のあらゆるイデオロギーの根幹を成す
    「近代的合理精神」が限界にぶつかったことにある。

    第二章 「論理」だけでは世界が破綻する 
    「論理を徹底すれば問題が解決できる」という考え方は誤りである。
    帝国主義でも共産主義でも資本主義でも例外はない。
    「美しい論理」に内在する四つの欠陥を指摘する。

    第三章 自由、平等、民主主義を疑う 
    自由と平等の概念は欧米が作り上げた「フィクション」である。
    民主主義の前提条件、「成熟した国民」は永遠に存在しない。
    欧米社会の前提を根底から問う。

    第四章 「情緒」と「形」の国、日本 
    自然への感受性、もののあわれ、懐かしさ、惻隠の情……。
    論理偏重の欧米型文明に代わりうる、「情緒」や「形」を重んじた日本型文明の可能性。

    第五章 「武士道精神」の復活を 
    鎌倉武士の「戦いの掟」だった武士道は、
    日本人の道徳の中核をなす「武士道精神」へと洗練されてきた。
    新渡戸稲造の『武士道』を繙きながら、その今日性を論じる。

    第六章 なぜ「情緒と形」が大事なのか 
    「情緒と形」の文明は、日本に限定すべきものではない。
    そこには世界に通用する普遍性がある。
    六つの理由を挙げて説く、「情緒と形」の大切さ。

    第七章 国家の品格 
    日本が目指すべきは「普通の国」ではない。
    他のどことも徹底的に違う「異常な国」だ――。
    「天才を生む国家」の条件、「品格ある国家」の指標とは。

全2件中 1 - 2件を表示

国家の品格 (新潮新書)のその他の作品

国家の品格 (新潮新書) 新書 国家の品格 (新潮新書) 藤原正彦

藤原正彦の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする