テルマエ・ロマエI (ビームコミックス) [Kindle]

  • KADOKAWA
4.03
  • (21)
  • (21)
  • (17)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 229
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (182ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 1-4+

  • Kindle期間限定無料版にて。
    テレビに出てしゃべりすぎのヤマザキマリが好きではない。
    なので映画は面白かったけど原作は面白くないじゃんと言いたいがために読む。
    うーむ・・・
    面白いじゃねえかよ。
    しかもかなり面白いじゃねえか。
    チクショウ。
    ウソでも面白くないとは言えん。
    くやしい。
    しかもなんだかんだ映画よりやっぱ原作のが面白いんじゃねえの?
    ああチクショウ(笑)

  • 誰も目をつけないようないい切り口でした

  • ほんと、大好きな本。

  • 私の滅多に出てこない知識欲が刺激されます。

  • 銭湯・露天風呂・家風呂・ショールーム・湯治について。ローマ帝国と日本を行き来して設計士の名声を高めていく、誇り高く真面目な主人公が面白い。
    「この世界に来るたびに感じさせられるとてつもない敗北感…。」

  • 単なるコメディーだと思っていたけれど、日本の風呂、温泉や古代ローマの風呂文化の勉強になる。マンガだけでなく、各話の間に、風呂や入浴に関する古代ローマの歴史や、筆者の温泉旅行体験が書かれたコラムが掲載されていて、興味深い。

  • 古代ローマの温泉技師であるルシウス・モデストゥスが,現代にタイムスリップして日本の温泉文化を持ち帰って,ローマのお風呂を変えていく話.主人公が大真面目だからこそ笑えるコメディ漫画.基本的に1話完結型.

    ローマの大衆浴場の文化はもちろん,日本の温泉についても再発見することがあるから面白い.本編の間にある,取材の裏話や外国人と日本文化に関するエッセイ(夫はイタリア人)も,文章が上手くて全部読んでしまいました.オススメ.

  • 再読開始。

  • 最終巻が出たこのタイミングで読み直し。

全16件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

【著者紹介】 ヤマザキ マリ(やまざき まり)
漫画家。1967年、東京生まれ。17歳でイタリアに渡り、フィレンツェにて油絵を学ぶ。その後、エジプト、シリア、ポルトガル、アメリカを経て現在イタリア在住。『テルマエ・ロマエ』(KADOKAWAエンターブレイン)で漫画大賞2010、および第14回手塚治虫文化賞短編賞を受賞。900万部のベストセラーに。他に『モーレツ!イタリア家族』、『ルミとマヤとその周辺』、『スティーブ・ジョブズ』(いずれも講談社)、『プリニウス』、『パスタぎらい』(新潮社)、『ヴィオラ母さん』(文藝春秋)、『望遠ニッポン見聞録』(幻冬舎)など。

「2019年 『地球生まれで旅育ち ヤマザキマリ流人生論』 で使われていた紹介文から引用しています。」

テルマエ・ロマエI (ビームコミックス)のその他の作品

テルマエ・ロマエ I (BEAM COMIX) コミック テルマエ・ロマエ I (BEAM COMIX) ヤマザキ・マリ

ヤマザキ・マリの作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする