白い巨塔(一)(新潮文庫) [Kindle]

著者 :
  • 新潮社
4.00
  • (2)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 47
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (422ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • あらためて著者の本は面白いということを実感する。中途半端な取材ではなく、奥深くまで取材したり、勉強したりして作品を仕上げているのだろうな、と感心する。そして、それを臨場感溢れる表現力で読み手に迫る。次々と読むページが止まらない作品だ。
    読み進めていると、何となく、エンディングは想像できるが、楽しい作品である。実写版は見たことが無いので、今度機会があれば見てみたい。
    全3巻

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

山崎 豊子(やまざき とよこ)
1924年1月2日 - 2013年9月29日
大阪府生まれの小説家。本名、杉本豊子(すぎもと とよこ)。 旧制女専を卒業後、毎日新聞社入社、学芸部で井上靖の薫陶を受けた。入社後に小説も書き、『暖簾』を刊行し作家デビュー。映画・ドラマ化され、大人気に。そして『花のれん』で第39回直木賞受賞し、新聞社を退職し専業作家となる。
代表作に『白い巨塔』『華麗なる一族』『沈まぬ太陽』など。多くの作品が映画化・ドラマ化されており、2019年に『白い巨塔』が岡田准一主演でドラマ化が決まった。

白い巨塔(一)(新潮文庫)のその他の作品

山崎豊子の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする