世界中が雨だったら [Kindle]

著者 : 市川拓司
  • 新潮社 (2005年6月29日発売)
1.67
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • 本棚登録 :24
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (253ページ)

世界中が雨だったらの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 市川拓司さんの作品は、登場人物が深いところでお互い無意識に、運命的に結ばれているものが多い。しかし、この作品は逆。3話の短編のどの主人公たちも、すれ違い、決して分かり合えない。というより、互いの想いはかすりもしない。そのままそれぞれのペースで淡々と悲劇へ突き進む。どれもフィクション性が強い作品だけれど、普段の市川さんのラブストーリーより、何故かリアリティを感じる。市川さんのほかの小説を複数読んだ後だと、鏡の中を見るような、奇妙な感覚がした。

全1件中 1 - 1件を表示

世界中が雨だったらのその他の作品

市川拓司の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする