氷壁 (新潮文庫) [Kindle]

著者 : 井上靖
  • 新潮社 (1963年10月31日発売)
2.80
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • 16人登録
  • 4レビュー
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (633ページ)

氷壁 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 優れた登山家とは、少しでも天候が危ういと思ったら登山を中止し、少しでも体が疲労していたら山頂手前でもそれ以上の登らない、そのような冒険をしない人のことなのか。それとも命の危険を顧みず、挑戦する人のことなのか。

  • 登山小説である。

  • 2017/5/23 Amazonより¥840でDL購入。
    2017/5/24〜6/1

    上高地の徳沢園に寄った際、井上靖の氷壁の舞台、との表記があり、読んでみたいと思っていた本。高校生の頃、井上作品は何冊か読んだが、当時は登山に全く興味が無かったので、本書は未読のままであった。内容は、今となっては古臭い感じではあるが、山を登るという行為を、今以上に神聖化している内容で時代を感じさせられた。結末は何とも中途半端な感じがしたが、果たしてどんな結末がベストであったのだろうか。

  • 人はなぜ山に登るのでしょうか。雪に覆われた氷壁をよじ登るのはなぜでしょう。言葉にすると嘘になる、登山家だけが知る真実があるのかもしれません。

全4件中 1 - 4件を表示

氷壁 (新潮文庫)のその他の作品

氷壁 単行本 氷壁 井上靖
氷壁の詳細を見る 単行本 氷壁 井上靖

井上靖の作品

氷壁 (新潮文庫)はこんな電子書籍です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする