「心が凹んだとき」に読む本 (王様文庫) [Kindle]

著者 :
制作 : 江村 信一 
  • 三笠書房
4.50
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (208ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読むと心が軽くなります。凹んだときにはコレを読んで下さい。(しいちゃん)

  • 人って不思議です。
    いつもいつも調子良い時ばかりではありません。
    すぐに落ち込んだり、腹を立てたりします。
    ちょっと嫌なことでうつ的になったときにどのように自己対処をすればよいのか心屋さんの本は参考になりました。

    http://ameblo.jp/nancli/entry-11772369451.html

  • 心屋氏の本はこれで2作目。
    今は心が凹んでいる訳じゃないけれど、なんとなく気になって読んでみました。
    これは凹んでいない時に読んでも共感出来ると思います。
    むしろ、凹み過ぎてたら受け入れられない事もあるのかも。

    私はちょうど凹んでいた状態を脱して休養している状態。それでこれを読んで、大丈夫、間違っていなかった。これからも頑張れるって、背中を後押しして貰ったような気になれました。
    今まで自分が感じていた事、思っていた事が明確に言葉になっている部分もあって、尚更素直に受け入れる事が出来たと思う。
    これは繰り返し読みたい本だな、と思いました。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

「自分の性格を変えることで問題を解決する」という「性格リフォーム」の心理カウンセラー。19年間大手企業で働き、管理職まで務めたが、将来の展望が見えず退職。その後、自分や家族の問題がきっかけとなり、心理療法を学び始める。現在は、自身の会社勤めの経験も生かしながら、心理カウンセラーとしてセミナーやカウンセリングをおこなう。メールマガジン「たった一言!あなたの性格は変えられる!」は4万人を超える読者に支持され、公式ブログ「心が風に、なる」も月間1000万PVの人気ブログに。

「2018年 『強がらない。』 で使われていた紹介文から引用しています。」

「心が凹んだとき」に読む本 (王様文庫)のその他の作品

心屋仁之助の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする