柳井正の希望を持とう (朝日新書) [Kindle]

著者 : 柳井正
  • 朝日新聞出版 (2011年6月13日発売)
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :12
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (216ページ)

柳井正の希望を持とう (朝日新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ユニクロの社長、柳井氏の著書。山口の地方の服屋2店舗から始まって、志を高く持ち今の地位を築き上げたことで知られています。彼の著書は基本的に語り口調なので、率直な考え方が伝わってくるような感じです。

    タイトルからして主に若者に向けた内容を意識したような気がしますが、経営者も普通の社員も読んでも大丈夫な内容です。

    世界中で展開するユニクロですが、そこに至るまで常に自分に厳しくあり、多くの失敗を重ねて今もまだ先を見て経営していることを熱く語っていました。

    そして特に若者に対しては厳しい意見をお持ちですが、頭ごなしに要求しているというよりも、世界の厳しさを知っている経験から、成長しないとこの先がないよと、常に危機感をもちなさいと繰り返し述べています。

    私も経営者と話があわず、さんざん悩んだことはありますが、ユニクロ社員が本部から求められることに比べればまだまだ甘いかもしれません(笑)。

    ただ、このような大企業ではやることが決まっていて、上司から部下へ指示が下りてきて、それを遂行する組織をイメージしていましたが、意外と自分で考えて行動することが推奨されているんだなという印象を受けました。なぜかというと私があれしなさい、コレしなさいと言われるのが嫌いなので企業に属すのが向いていないと思っていたので、大企業向きでないと思っていたからです。

    若者には失敗を恐れずどんどん提案し、考えて行動してもらいたいとのこと。

    そして経営者へは、経営者が一番変わらなければ会社は変わるわけがないという、至極当然のことを指摘。これは経営関係の本にはたいてい書かれています。
    前回紹介した柳井氏の著書よりも読みやすかったです。ちなみに私は柳井氏のファンでもなんでもありませんが、もし自分がユニクロ社員なら、やっぱりまだまだだなと思いながら読んでるとあっというまに読んじゃいました。

  • 明快。
    いろいろ刺さる言葉があったが、休むこと、悩んだから書き出すこと、ベットに入ったら考えないことこれがとても骨身にしみました

全2件中 1 - 2件を表示

柳井正の希望を持とう (朝日新書)のその他の作品

柳井正の作品

柳井正の希望を持とう (朝日新書)はこんな電子書籍です

外部サイトの商品情報・レビュー

柳井正の希望を持とう (朝日新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする