盗まれた手紙 [Kindle]

制作 : 佐々木 直次郎 
  • 2012年9月13日発売
2.96
  • (1)
  • (4)
  • (15)
  • (7)
  • (0)
本棚登録 : 97
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (23ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「モルグ街」を解決した後のデュパンのもとへ、警視総監からまたもや厄介な事件が持ち込まれる。重要な手紙が、屋敷の中で消えてしまったという。
    大臣の脅迫のタネになりそうな手紙がある男によって盗まれた。男は手紙を屋敷のどこかに隠したと思われるが、警察が床板を剥がすなどして本格的な捜査を行ったにもかかわらず、出てこなかった。
    しかしデュパンはたちどころに手紙の在処を言い当ててみせる。

    答えは至極簡単。
    まさにブラウン神父の言うところの「賢い人は葉をどこへ隠す? 森の中だ。森がない時は、自分で森を作る」と言うことです。
    が、もしかして元祖はこれなのかな。

  • 内田先生が多くの本で引用していることで有名な小説(?)。久しぶりに読みましたが、ホームズに比べると学問的な言及が多いですねえ。「部分の集まりが全体ではない」はぼくがよく使う言葉ですが、ポーに先に言われてました、、、

  • フランスの名探偵デュパンの鮮やかな謎解き。

    さる高貴なお方が手紙を盗まれる。それが政治的な駆け引き、強請りに使われている。
    警視総監直々に、手紙の行方を探して欲しいと依頼を受けたデュパンがした推理とは……

    危険を顧みず現場に乗り出すデュパン。自宅にこもって思索にふけり、時に饒舌に事件を語り、己の能力をひけらかす事を厭わないデュパン。
    そっくりそのままシャーロック・ホームズに移行してるではないか。

    訳文の意味をとるのに手間取るものの、謎解きは明解ですっきり。

  • 星四つ

  • あまりにも目に見えるところにあった(わかりきっていすぎていた)故、見つけることができない大事な手紙のお話し。

    推測者の知力を相手の知力に合致させることで手紙隠し場所推測し、近すぎて見えない世界をみることができるものがそれをみつける。

    近すぎる故、目に見えないもの、聞こえない音がある。
    そういったものを大事にしたい。

  • なんだろう、この物足りなさは…
    ミステリーなのか?わからん

    お偉いさんが見つけられなかった手紙をデュパンが見つけた。
    それだけやないか!

    でも、『モルグ街』同様なんか歴史・時代を感じる事はできた。
    自分にもう少し読書力があれば、もっと楽しめるのかもしれない。

  • 現代人の視点からすると、もう本当にゆるゆるなんだけど、やっぱり当時としてはすごいんだろうなあっていうのをなんとなく想像するしかない。

全7件中 1 - 7件を表示

エドガー・アランポーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする