堕落論 [Kindle]

著者 :
  • 2012年9月13日発売
3.60
  • (24)
  • (39)
  • (56)
  • (10)
  • (0)
本棚登録 : 501
レビュー : 50
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (13ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 1946年4月1日発行の「新潮」4月号に掲載された坂口の随筆。

    「堕落」のススメである。ただし、「堕落」と言う言葉の意味のとらえ方が重要だ。

    「堕落」とは規律とか規範から外れ、堕ちていき、人として人生の価値観を見失った状態をいうとすれば、著者がここでいう「堕落」は、むしろ逆の意味かもしれない。

    著者は、「これまでの規律や規範から外れ、人間らしさを取り戻せ」と言っているように思う。

    執筆されたのは、まさに終戦直後の混沌とした中で、敗戦という出来事で、従来の規律とか規範が正しいとは限らなくなってきた。価値観が変化してきたのだ。

    若者は国のために潔く散っていくことが正義であった。
    しかし敗戦後、若者は闇屋になった。

    女は戦争未亡人となった後も亡き夫に生涯を捧げることが正義であった。敗戦後も、戦争未亡人の恋愛についての執筆が禁じられた。

    従来の規律や規範から外れることは、真の意味で「堕落」なのか?大きく価値観が転換するなかにおいて、従来の規律や規範を維持することが、真の意味で「堕落」を防ぐことなのか?

    著者は敗戦後、むしろその規律を守らなくなったことで、やっと本来の人間に戻ることができたのだと述べる。

    「日本は負け、そして武士道は亡びたが、堕落という真実の母胎によって始めて人間が誕生したのだ。生きよ堕ちよ。その正当な手順の外に、真に人間を救える便利な近道が有りうるだろうか。」という言葉が的確にそのことを言い表している。

    「武士道」とは、人間の弱さを隠すためのものだといい、「天皇」の存在は、政治的な権力を誇示するための手段だというようなことを述べていた。むしろ、これまでの規律・規範こそが、人間本来の姿を虚飾していたものだったと述べているようである。著者は、おそらく戦前からそのようなことに気づいていたのだろうと思う。

    「戦争に負けたから堕ちるのではないのだ。人間だから堕ちるのであり、生きているから堕ちるだけだ。」

    「堕ちる道を堕ちきることによって、自分自身を発見し、救わねばならない。政治による救いなどは上皮だけの愚にもつかない物である」

    人びとが夢うつつから目覚め、本当の人間性を取り戻すための、「堕落」のススメだ。

  • ポストアポカリプスの世界が現実味を帯びてきた昨今、この先めちゃめちゃ引用されそうな。
    いやほんと今こそみんな読むがいいと思う。


    「戦争がどんなすさまじい破壊と運命をもって向うにしても人間自体をどう為しうるものでもない。
    戦争は終った。
    人間は変りはしない。
    ただ人間へ戻ってきたのだ。
    人間は堕落する。
    義士も聖女も堕落する。
    それを防ぐことはできないし、防ぐことによって人を救うことはできない。
    人間は生き、人間は堕ちる。
    そのこと以外の中に人間を救う便利な近道はない。」


    「人は正しく堕ちる道を堕ちきることが必要なのだ。
    そして人の如くに日本も亦堕ちることが必要であろう。
    堕ちる道を堕ちきることによって、自分自身を発見し、救わなければならない。
    政治による救いなどは上皮だけの愚にもつかない物である。」


    コロナ禍は終わり。世界は変わる。
    人間は堕落する。

    とりあえず連休中は社会的距離を保って楽しく引きこもる。

  • ベルリンからアムステルダムのバスの中で。
    Kindleで読んだ。

  • 「戦争に負けたから堕ちるのではないのだ。人間だから堕ちるのであり、生きているから堕ちるだけだ。だが人間は永遠に堕ちぬくことはできないだろう。なぜなら人間の心は苦難に対して鋼鉄の如くでは有り得ない。人間は可憐であり脆弱であり、それ故愚かなものであるが、堕ちぬくためには弱すぎる。人間は結局処女を刺殺せずにはいられず、武士道をあみださずにはいられず、天皇を担ぎださずにはいられなくなるであろう。だが他人の処女でなしに自分自身の処女を刺殺し、自分自身の武士道、自分自身の天皇をあみだすためには、人は正しく堕ちる道を堕ちきることが必要なのだ。」

  • 「さびしすぎてレズ風俗いってきたレポ」=「現代版・堕落論」と書いている人がおり、気になって今更ながら読んだ

    人間は生来堕落した存在であるが、弱い存在であるゆえに永遠に堕ちぬくことはない。
    その一方で、「堕ちる道を堕ちきることによって、自分自身を発見し、救わなければならない。」

    「レズ風俗」の場合も、永田カビさんはいわゆる「普通に」「うまく」生きることができなかったが、その「堕ちる道を堕ちきる」中で自分の本当のところを見つけていく。

    はぁ、なるほど。「レズ風俗」を読んでから「堕落論」を読むとその意味が少しわかった気がする。

    自分自身を発見するのは、堕ちる道を堕ちきることによる。
    世の中に多様な自己啓発の方法が溢れる中でも、斬新な安吾流自己啓発法。

    でも妙に納得もする。私自身第一志望に落ちて、眠れないほど不安を抱えた「堕ちた」ところから、自分自身が少し見えてきた気がしている今。
    まだまだ堕ちきれてないのかもしれないな。

    だからきっと、就職活動が「上手くいった」人は「堕ちきってない」かもしれないし、本当に成功しているとは言えないんだ!!と自分にいいように解釈しつつ、がんばります!周りの憐れみの目には負けないぞ〜〜〜〜〜!

  • 我々は規約に従順であるが、我々の偽らぬ心情は規約と逆なものである。
    どのような矛盾も有り得るのである。
    人間は永遠に自由では有り得ない。なぜなら人間は生きており、又死なねばならず、そして人間は考えるからだ。
    人間は堕落する。義士も聖女も堕落する。それを防ぐことはできないし、防ぐことによって人を救うことはできない。人間は生き、人間は堕ちる。そのこと以外の中に人間を救う便利な近道はない。戦争に負けたから堕ちるのではないのだ。人間だから堕ちるのであり、生きているから堕ちるだけだ。だが人間は永遠に堕ちぬくことはできないだろう。なぜなら人間の心は苦難に対して鋼鉄の如くでは有り得ない。人間は可憐であり脆弱であり、それ故愚かなものであるが、堕ちぬくためには弱すぎる。

  • 堕落とは自由への第一歩なのだ。

    戦後の堕落した社会に当時の人々は失望したかもしれないのだが、坂口安吾はむしろその堕落に自由への希望を見いだしたということなのだろう。少なくともそれ以前の規律万歳社会よりは健全になりうる可能性を見たのだろう。エッセイ冒頭にある気高い漢文調の戦中スローガン、それは崇高なようでいて実は単なる思考停止だったのだ。

    とはいえ、必ずしも自由となるために堕落を経る必要はないとは思うけれど。ただ今の時代も「常識」「空気」という名の規律はある;その不自由から抜け出すのに堕落が必要な人もいるだろう、堕落はそういう人たちへのセーフヘイブンとなる。

    ただ、堕落から抜け出すことも精神の健康には大事、堕落スパイラルは逆に不自由。
    外部規律&不自由 < 堕落&自由 <<< 自己規律&自由
    だといえよう。

  • Voicyのbook cafe で言及されていたので読んでみた。

  • 「戦争に負けたから堕ちるのではないのだ。人間だから堕ちるのであり、生きているから堕ちるだけだ。だが人間は永遠に堕ちぬくことはできないだろう。なぜなら人間の心は苦難に対して鋼鉄の如くでは有り得ない。人間は可憐であり脆弱
    ぜいじゃく
    であり、それ故愚かなものであるが、堕ちぬくためには弱すぎる。」

    人間は弱いからこそ、底辺に落ちることができない。どこかで堕ちるストレスを感じて、必ず向上しようとする。

    震災、コロナなど外部環境で自分の生活水準が下がったと感じて不安を抱えも、それはずっと続くわけではなく、いつか居てもたってもいられなり、人間は動き出そうとするのだと、励まされた。

  • 冨永愛オススメ本より。

    ニンゲンは良く出来ていないから、堕ちるべきところを見極めて堕ちるべし…みたいな…?
    うまく言えないが。
    何度か読み返さないと、しっかり腑に落ちるところまでいかないなぁ。

全50件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1906年、新潟生まれ。評論家、小説家。おもな著作に『風博士』『堕落論』『白痴』など。1955年没。

「2019年 『復員殺人事件』 で使われていた紹介文から引用しています。」

坂口安吾の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

堕落論を本棚に登録しているひと

ツイートする