堕落論 [Kindle]

著者 :
  • 2012年9月13日発売
3.63
  • (20)
  • (35)
  • (44)
  • (8)
  • (0)
本棚登録 : 365
レビュー : 35
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (9ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ベルリンからアムステルダムのバスの中で。
    Kindleで読んだ。

  • 「さびしすぎてレズ風俗いってきたレポ」=「現代版・堕落論」と書いている人がおり、気になって今更ながら読んだ

    人間は生来堕落した存在であるが、弱い存在であるゆえに永遠に堕ちぬくことはない。
    その一方で、「堕ちる道を堕ちきることによって、自分自身を発見し、救わなければならない。」

    「レズ風俗」の場合も、永田カビさんはいわゆる「普通に」「うまく」生きることができなかったが、その「堕ちる道を堕ちきる」中で自分の本当のところを見つけていく。

    はぁ、なるほど。「レズ風俗」を読んでから「堕落論」を読むとその意味が少しわかった気がする。

    自分自身を発見するのは、堕ちる道を堕ちきることによる。
    世の中に多様な自己啓発の方法が溢れる中でも、斬新な安吾流自己啓発法。

    でも妙に納得もする。私自身第一志望に落ちて、眠れないほど不安を抱えた「堕ちた」ところから、自分自身が少し見えてきた気がしている今。
    まだまだ堕ちきれてないのかもしれないな。

    だからきっと、就職活動が「上手くいった」人は「堕ちきってない」かもしれないし、本当に成功しているとは言えないんだ!!と自分にいいように解釈しつつ、がんばります!周りの憐れみの目には負けないぞ〜〜〜〜〜!

  • 本当の意味での堕落はしていないと思いました。
    理解を深めるために近いうちもう一度読んでみたいです。

  • ‪人間は本来堕落するもので堕落するからこそ武士道精神のような綺麗事で倫理観を保っていた。戦後堕落したように見えるのも戦時中の道徳を通して見ているから。天皇制度も政治的な発言をしたい者に発言力が無いので天皇をだしにしてるだけだ。堕落とは人間のあるがままなのであるから、上から押し付けられた旧制度や倫理観から抜け、堕落し人間の本質を明らかにし、戦後は自身で新しい在り方を求めようと。‬

  • 私は二十の美女を好む。
    堕ちる道を堕ちきることによって、自分自身を発見し、救わなければならない。政治による救いなどは上皮だけの愚にもつかない物である。

  • 青空文庫で読んだ。

  • 日本人なんて本来堕落するもんなんだね。
    なんとなく菊と刀を思い出した。

  • 数年前に亡くなった我が心の友が安吾に傾倒していて、いつか読まなくてはと思っていたが、ようやく手をつけてみた。
    話があちこちとぶし、なんだか難しくて結局何が言いたいのかよくわかりませんでした...。そもそも、安吾のいう堕落とは、具体的にどういうことか。純粋さを失うこと?
    他の著書も読んでみてから、再読したい。

  • 勇気をもらえた。

  • 戦後リアルタイムに読むと救いの光になる内容だったんだろうなと感じた。今とは価値観や状況が違いすぎるので感想は難しい。堕落が救い!って書いてあるけど現代のリアル堕落者を肯定するものではないです。
    戦時中は堕落もクソもない完全な闇だった。そこを抜けた今、まずは自分自身と向き合い本質を見つけることが救いの第一歩。人間は生きていれば堕落する。その堕落の中でもなんとなくの価値観や人情でお互いけん制し合うのではなく、ちゃんと自分の本質と向き合わなければならない。というようなことが伝えたかったのかなと思いました。ここでの「堕ちる」とは、自分の負の感情や欲求も受け入れることなのかな。

全35件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

新潟市生まれ。1919(大正8)年県立新潟中学校に入学。1922年、東京の私立豊山中学校に編入。1926年東洋大学大学部印度哲学倫理学科に入学。アテネ・フランセに通い、ヴォルテールなどを愛読。1930(昭和5)年同校卒業後、同人誌「言葉」を創刊。1931年に「青い馬」に発表した短編「風博士」が牧野信一に激賞され、新進作家として認められる。歴史小説や推理小説も執筆し、文芸や時代風俗から古代歴史まで広範に材を採る随筆など、多彩な活動をした。

「2018年 『狂人遺書』 で使われていた紹介文から引用しています。」

堕落論のその他の作品

堕落論 Audible版 堕落論 坂口安吾
続堕落論 (青空文庫POD(ポケット版)) オンデマンド (ペーパーバック) 続堕落論 (青空文庫POD(ポケット版)) 坂口安吾
堕落論 Kindle版 堕落論 坂口安吾

坂口安吾の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

堕落論を本棚に登録しているひと

ツイートする