次郎物語 01 第一部 [Kindle]

著者 :
  • 2012年9月13日発売
4.67
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :12
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (190ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ちょっと読み始めたら、のめり込んでしまった。子どもの頃に読んだものだが、今読んでも十分おもしろかった。

    3人兄弟の真ん中の次郎が赤ちゃんの時から小学6年までの物語。次郎の気持ちがすごくよくわかり、応援したくなる。表面的に外から見ると、乱暴だったり、ひねくれていたり、大人が困るようなことばかりする子かもしれないけど、次郎には次郎の思いがあるのだ。愛情に飢え、大人に気を遣い、差別されて苦しみ、強がって意地を張る。

    昔の作品だから読みにくいかと思ったが、そんなことはなかった。時々難しい漢字や古い言い方が出てくるものの、Kindleですぐに調べられるので勉強にもなった。

  • 親や教育者に読んでほしい本。
    子どもって単純なようで実は色々考えているのだ。
    表面的なものだけを見て判断してはいけないのである。

  • 本当に70年前に書かれたものなのだろうか.名作というのは色褪せないものなんだなぁと感動.この作品,ちょっとした思い出があり,感想は全て読み終わってから書きたいと思います.

全3件中 1 - 3件を表示

下村湖人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

次郎物語 01 第一部はこんな電子書籍です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする