イワンの馬鹿 [Kindle]

  • 2012年9月13日発売
3.67
  • (9)
  • (21)
  • (26)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 167
レビュー : 26
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (54ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 1. 強欲は身を滅ぼす。
    2. 正直は身を助ける。
    3. 献身は周囲を幸せにする。

  • 短編というよりは童話なのか。トルストイの作品でも大分テイストが違って戸惑った。ただ、主張するところは同じで農本主義、ユートピア的な社会主義に近いものなのだろう。

  • 身の丈、と言う言葉が始終まとわりつきながら読んだ物語。身体で生きる実感、とも思ったり、自らの体感から思考する事とも思う。

  • 吟遊詩人ビードルの物語にある三人兄弟の物語を思い出した、あれにでてくる三男は馬鹿ではなく賢かったから生き延びたけど
    自分の力量を見極めて満足するのが一番の幸せかも

  • 馬鹿の完全勝利。

  • 頭を使って仕事するってそっちの意味ねって笑った。

  • 別の小説で、このイワンから名前を取っているのは明らかな、少々頭の抜けているという設定の人物がいるのだが、元のトルストイのこれがどういう話だったか記憶が定かでなく、改めて読んでみようと思った次第。
    大きくポイントは2つ。ひとつは、バカ正直に等身大で生きることは、悪いものを遠ざけ健全に繁栄する。もうひとつは、人として一人前の権利を得るには働くべしということ。前者は理想論だとしても、世の中はそうであって欲しい。後者は、簡単に言うと特権階級や頭脳労働の否定か。伯爵家に生まれて小説家になったトルストイは、この作品だと残り物を食べるポジションになるんだが、それは自虐なんだか皮肉なんだか謙遜なんだか。。。それとも旧ソ連の共産主義のためのプロパガンダだったのかということになるが、その次元の話は私には難し過ぎますね。

  • アマゾンのオーディブルで聞いた。
    軍人のシモンと太っちょのタラス、馬鹿のイワン、妹でおしのマルタという兄弟がいて、この兄弟を仲違いさせようと悪魔達が企むが…という話。
    寓話的というか童話的というか、人物の造形や行動や世の中のことの細部を省略してわかりやすくし、教訓や風刺を織り込んで描かれている。
    権力や武力やお金など、文明社会が大きくなる中で必要なもの、他者よりも上に立てるもの、そう言うもの(あるいはそう言うものを欲する人間)を批判している。のか?

    まあ言わんとしていることはわからんではないが、イワン的無欲で実直でピースフル的風景をあまりに賛美していて、いやそうとばかり言えんだろという気持ちを抑えるのが難しかった。
    こういった言いたいことありきの作品にこんな批判はナンセンスのそしりを免れないとも思うが。
    ただし、話自体は面白く聞けたので、それはそれで良かった。

  • 労働と社会福祉についてのたいせつなお話

    "ただイワンの国には一つ特別なならわしがありました。それはどんな人でも手のゴツゴツした人は食事のテイブルへつけるが、そうでない人はどんな人でも他の人の食べ残りを食べなければならないことです。"

  • 馬鹿最強説!そして労働という力

全26件中 1 - 10件を表示

レオ・トルストイの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする
×