トロッコ [Kindle]

著者 :
  • 2012年9月13日発売
3.63
  • (10)
  • (38)
  • (41)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 278
レビュー : 35
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (10ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 又吉直樹の読書体験の話題のなかに、この本を読んだときのことが書かれていたので、サブルーチン的に読んでみた。超短編。

    短編ながら、ドラマを感じました。
    青空文庫ありがたい。

  • 少年はトロッコが大好きだった。ある日、そんな大好きなトロッコに乗ることができ、少年は喜び舞い上がっていた。
    大好きなトロッコに乗ってどこまでも行ける…どこまでも行きたい、そんな胸躍りわくわくとした冒険心。
    だけれどもちろんそんな事ができるはずもなく、どこなのかさえ分からないほど遠くに行き、優しいと思っていた大人はそこで泊まるから一人で帰るようにと言われ、突然一人ぼっちにさせられた時のなんとも言えない悲しさは、幼かった頃ふと急に一人でいることへ不安を覚えた、あの時の感覚を思い出しました。

  • 小学生の時に読んだ。今は教科書に補助教材で載っている。私は蜘蛛の糸より、トロッコが好き。あの、「え、1人で帰るの?ここから?マジ?」ってなる感じ。帰って初めて大号泣するところ。子供の頃に感じたことのある色んな感情が思い起こされる。最後の数行よ、深い。

  • 芥川龍之介の作品で初めて読んだ作品。ここまであることを好きになったということは尊敬するべきこと感じた

  • トロッコ、読んだことあったはずなんだけど中身は全く覚えていませんでした。

    正直田舎とも言えない中途半端なところに育ったのでこのような冒険は経験したことありません。感情移入はできませんでした。

    一心不乱に物事に打ち込む反面、取り返しのつかないことになる不安感。子供の頃の体験は重要だ

  • 芥川龍之介作品。1922年(大正11年)3月に発表。

    ・土工達が働くトロッコに乗りたい8歳の良平。
    普段トロッコに乗ろうとすると土工達に怒られるが、
    ある日怒らない土工2人を優しいと思い一緒にトロッコに乗る。
    途中までは楽しいものの遠くまで来ると段々不安になる良平。終いには土工の2人にひとりで帰れと言われる。
    暗くなる中、帰り道が合っているか不安になりながら
    怖い思いを必死に振り切るように家に向かって走る良平。
    どうにか家に着き母に抱えられながら啜り上げ泣き続けた。

    ・子供の頃公園や学校で遅くまで遊んでしまい、帰り道が暗くて怖くて走った事がある。この恐怖感は色んな人が経験した事があると思う。

    ・面白半分、冗談半分で始めただけなのに、中々引き返せなくなり段々と不安になり怖くなってくる。

    ・こんな事になるなんて思わなかったと泣きたい気持ちになる事は大人になってもしばしばある気がする。

    ・26歳の良平も勢いで東京に出てきたが、どこまでつづくのか終わりの見えない道のりに不安を感じているのかもしれない。こんなはずじゃなかったと。



  • 『トロッコ』読了

  • 子ども時代の冒険心や周りが見えなくなってしまう一生懸命さ、そしてたちどころに襲ってくる喜怒哀楽が懐かしいように思えてくるが、成長するとそんな感覚も薄れていくばかりで、でもふとした時にもう同じことが今起こってもどうってことないのに思い出すとあの時の記憶と一緒に感情までも鮮明に蘇ってくる感覚に陥りました。しかし、読み終わるまではどちらかというとお母さん目線で、お母さんに感情移入しながら読んでしまった。

  • え?おわり?
    って思ったけど他の人の感想みたら
    面白くなってきた

  • 芥川龍之介初読。
    イメージが違った。もっとドロドロしたものかと思ってた。
    結局人間は自分1人で生きていかなくちゃならない。

    書評では、大人になったときにトロッコのことを思い出して暗い気持ちになる、と想像している人が多かった。その面もあるだろうが、あのとき乗り越えられたんだから、と前向きになれる気持ちもあるんじゃないかな、と思う。

    ただ、子供時代と違う点は、守ってくれる両親がいない、ということだ。

    主人公の少年のように、なんとなく歩き始めた道を、引き返せなくなるまで進んでしまい苦しむ、といった経験は中高の部活選び、大学の学部選び、就活などで現代でもありふれたものである。
    それを思うと、暗い気持ちになる。

全35件中 1 - 10件を表示

芥川竜之介の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

トロッコを本棚に登録しているひと

ツイートする