クリスマスの贈物 [Kindle]

著者 :
  • 2012年9月13日発売
4.33
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (9ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 感想を書いていなかったブンゴウメールクリスマス特別号の作品です。
    竹久夢二を読むのは久しぶりです。
    クリスマスプレゼント、みっちゃんと二郎さんは対照的ですが、ふたりのお母さんも対照的でした。
    欲しいものをたくさん書かせはするけどわくわくさせておいて全部贈るわけではないみっちゃんのお母さんより、「そんなに欲張ったら贈り物を貰えなくなる子どもがいる」と諭す二郎さんのお母さんの方が子どもにとって良いお母さんだなと思いました。
    結果、贈り物に、二郎さんは喜び、みっちゃんは泣いてるんだもんなぁ。。

  • クリスマス。
    サータクロースの贈りもの。
    という名の親と子、子と子のやりとり。
    妙にリアルで面白い。

  • 限界効用逓減の法則を子どもでも分かるように示した作品。
    稀に経験することで満足度はその都度高まるが、普段から甘やかされて欲張りになると、いくつもらっても満足できない性格になってしまう。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1884年 岡山県邑久郡(現、瀬戸内市)生まれ。本名・茂次郎(もじろう)。
16歳で上京、早稲田実業学校在学中の明治38年末にデビュー。以後コマ絵や挿絵を数多く発表、またセンチメンタルな画風の〈夢二式美人画〉を確立。日本の郷愁と西欧のモダ二ズムを自在に表現した作風で、日本画・水彩画・油彩画・木版画等制作を行った。
さらに大正3年(1914)に「港屋絵草紙店」を開店させて生活の芸術化を図り、デザイン分野にも力を注いだ。その他、詩や童謡も数多く創作。多種多様な作品を遺した、大正ロマンを代表するアーティストである。

「2019年 『竹久夢二という生き方』 で使われていた紹介文から引用しています。」

竹久夢二の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

クリスマスの贈物を本棚に登録しているひと

ツイートする